スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶房 法邑

東区の茶房法邑にてランチしてきました。

ビーズ教室の生徒さんが東区から来てくださっている方が多く(人数が多いのではなく割合の問題ですが)東区のカフェネタで話題になっていましたし、ポロコのカフェ本でも気になっていたお店です。
自分がアクセサリーの展示会や委託販売をするようになってから、展示スペースのあるカフェが気になることが多くなりました。


エントランスから素敵な外観。
北海道で今風の素敵なホテルなどがオープンするときによく名前を聞く有名な建築家の方が手がけたそう。

茶房法邑6


こちらの展示スペースはとっても広く、本格的なアーティストの方が使う模様。
今回の展示は入場無料ですが、とっても素敵で見るだけでもお金を払わなくてはいけなさそうな空間になっていました。カフェに来たついでに見ていくのではなく、まっすぐ展示スペースに行かれる方も多かったのが納得できます。

カフェスペースもとっても好きな雰囲気です。
テーブルは4人がけが整然と並んでいます。スペースがゆったりとってあって落ち着けます。
最近みかける足元だけの窓も好きです。

茶房法邑2


ガラスで仕切られた大人数向けの個室です。

茶房法邑3

いただいたのは日替わり箱膳1200円。煮びたしが特に美味しかったです。
茶房法邑1

食後のコーヒー。とっても上品なカップでしかも濃くて私好みのコーヒーでした。
茶房法邑4

以上で終了のつもりがやっぱりケーキを追加オーダー。
ハチミツロールケーキです。このお皿も陶器で、何も装飾のないシンプルな四角いお皿なんだけど素敵です。
茶房法邑5

せっかくここまで来たのですぐそばに今年オープンした品品法邑にも寄り道。
1階は道内の有名なアーティストの作品の販売スペースとカフェスペースがあり、2階はギャラリーがありました。
こちらも有名な建築家の設計で建物も素敵、置いてあるものもお洒落で、入るだけでも楽しめます。私はSavon De Siestaの石鹸を購入。テレビやスロウなどの雑誌で取り上げられることの多い石鹸です。無駄なものをはぶいた手作り石鹸でいつか買おうと気になっていたもので。
なかなか個人では薬事法をクリアできないのが手作り石鹸を販売できないネックですけど、この方は秀才なのとお仕事の経験からクリアできたそう。

茶房法邑と品品法邑の雰囲気があまりに素敵で美術館めぐりをしたかのような気分を味わえました。

茶房法邑 
札幌市東区本町1条1丁目8-27
011-785-3607

品品法邑
札幌市東区本町1条2丁目1-10
011-788-1147





テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

行きた~い☆

行ってみた~い!!
素敵なギャラリー&カフェで知的な昼下がりを過ごしてみたいものv-273
・・って実際に行ったらきっと、トークしまくりで空気を乱してしまうんだろうケド(^^ゞ。
札幌に素敵な石鹸作家さんがいるんだね。
色々種類があって真剣に見てしまったよv-10

まめへ

まめが札幌を去ってからいろんなお店が次々出来ているでしょう。

あの石鹸はまめ好みだと思ってたの。
作家さんはテレビで見た感じとっても癒し系の雰囲気の方だったよ。
sidetitleプロフィールsidetitle

KAO

Author:KAO
天然石とビーズのアクセサリー作り、ガーデニング、食べ歩きが趣味。
アクセサリーのHPはこちらです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleぐるめ探検隊sidetitle
ランキングに参加しています
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
北海道の旅行情報
北海道の旅行情報
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。