スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和の茶処 葦笛洞(いてきどう)

流行ものは一通り食べてみたい習性があり、本日モッフルなるものを食べに行ってきました。
モッフルとは名前の通りワッフル生地の代わりにお餅で具材をサンドしてある食べ物とのこと。

「札幌のはずれだから」とだまくらかして主人に運転させましたが着いたのはまさに小樽市銭函。
5号線沿いを小樽方面に向かうと右側に見えるログハウスの展示場の辺りとの情報。
古民家なんか見えなかったけどと思いましたが、そう思って探すと国道からもちゃんとツリーハウスが見えました。

駐車場から「樹の部屋」というカフェの前を通り過ぎてから、湿地の上に渡された遊歩道を通ります。
いてきどう1

ツリーハウスは何に使っているのかわかりませんでしたが、下から見てるだけで楽しい感じ。
そこを通り過ぎて古民家を利用した葦笛洞前に。

いてきどう2

中はは民家の間取りが残っていて個室やら押入れやらがそのままで昭和生まれにはなつかしい雰囲気です。
メニューはモッフルとパングラタンがメインでした。
あとは飲み物や甘味が多かったのでどちらかというと食事をするお店というよりはカフェです。

いてきどう3

窓からはススキだらけの景色。国道5号線のすぐ近くにいるとは思えません。
がよく見ると奥の柵の向こうはひっきりなしに車が通っています。

いてきどう4

こちらがモッフルセット950円。
モッフル2種とサラダと飲み物がついています。

モッフルは
・ハンバーグとベーコン
・栗とあずき
・オニオンとベーコン
・海老とベーコン
の4種から2種類を選ぶことが出来ます。

お餅の表面積がたくさんあるので外はさくさく、中はもちもちの初めての食感です。

話のタネにいかがでしょうか?
メニューといいお店の佇まいといい一度行ってみる価値ありです。

昭和の茶処 葦笛洞
小樽市銭函2丁目30-7 0134-62-2771 10時~21時30分  
定休日 水曜・第二第四木曜日

コメントの投稿

非公開コメント

さすが!チャレンジャーですね。
先日友人に連れていってもらった北24条駅近くのCAFE、さくら(北23東1)にもモッフルとやらがありました。が、わたしは保守的なのでパフェにしてしまいました(パフェも美味しかったけど)。ここのモッフルはたしかスイーツ系だったはずですが、先生が行ったお店はお食事系モッフルもあるんですね。わたしもモッフル今度チャレンジしてみます!

こんばんは。早速おじゃましました^^
モッフルはとても気になっていたのですが、今まで出合いがありませんでした。
行ったことのないカフェやお店がいっぱいで、参考にさせていただきますね。
こちらでもあちらでもよろしくお願いいたします♪

chikaさんへ

先ほど自分で書いたコメントをみて、なんとchikaさんへと書いたつもりが思いっきり「CHIKA」と慣れなれしくも呼び捨てになっておりまして慌てて削除しました。大変失礼いたしました。

さてコメント本文。
本当にチャレンジャーなんです。何でも新しいもの限定ものを選んでは、「あぁ普通のにしておけばよかった」ってことが何度もありました。
しかしめげずにチャレンジし続けます。

モッフル出しているお店はちゃんと市内にもあるのですね。
御餅はスイーツ系でも食事系でもどちらでも合いそうですよね。

ボラママさんへ

早速のご訪問ありがとうございました。
やはりボラママさんもモッフル気になってましたか。
また次回も色々とお話が弾みそうですね。
本当に「こちらでもあちらでも」ですね。
こちらこそよろしくお願いいたします。

大丈夫ですよ~。
chikaでも全然けっこうですよ~。

chikaさんへ

いえいえ、とんでもない。
本当に失礼しました~。
友人も私の間違いみつけてウケてたようです。
sidetitleプロフィールsidetitle

KAO

Author:KAO
天然石とビーズのアクセサリー作り、ガーデニング、食べ歩きが趣味。
アクセサリーのHPはこちらです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleぐるめ探検隊sidetitle
ランキングに参加しています
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
北海道の旅行情報
北海道の旅行情報
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。