スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピン・ドゥマゲッティ  ダイビング旅行 その2

全日程中、唯一のんびりできるのがこの3日目。
8時にビーチ集合なので寝てられたのですけど、体内時計を狂わせないために自主的に5時起き。
ビーチまで散歩に行って日の出を見て、部屋の前のベランダのベンチに腰掛けて読書をしてからぎりぎりまで寝ていた主人を起こして朝食へ。
レストランで朝食をゆっくり食べられるのはこの日だけ。
海辺のレストランでつかの間のリゾート気分を味わいました。

セブ8

画像では白くてわかりませんがすぐそばがビーチです。
残念なことにここらへんのビーチはみんな粘土質の砂で黒いんですね。
南国といえば白い砂に青い海のイメージだったんですが。

朝食はコンチネンタル、アメリカンなどのスタイルから選ぶことが出来ました。
ダイバー用メニューもありましたがさすがに朝からあのボリュームはちょっと。

今まで行った南国では食事は大味で期待できないところが多かったのですけど、ここのレストランは味が繊細で美味しいです。
ウェイターさんにすすめられたフレッシュフルーツ100%のジュースが絶品。
マンゴーやパイナップルのジュースばかり頼んでいました。
日本で飲めばすごい金額になりそうなのにとにかく安いです。
コーヒーもカプチーノまでありました。

セブ9

セブ10

この日はアポ3ダイブ。

アポはとにかく珊瑚がきれいでした。
あんなに綺麗な珊瑚を見たのは沖縄の座間味島以来です。
現地スタッフ一押しポイントというのがよくわかります。
ここまできて通常プランのアポ1ダイブのみというのはあまりにもったいないです。
オプションをつけて本当に良かった。

セブ13

セブ16

セブ18

ハナヒゲウツボ 
近くにもう1匹いたのですが普通のデジカメでは2匹同時にはピントが合いませんでした。

セブ17

ミナミハコフグ
あのおとぼけな表情に癒されます。前はうちで飼っていたのですが天に召されました。

セブ14

ギンガメアジの群れ 
全体的に小魚系が多いポイントが多い中で唯一群に会えました。
(マニアックな感動でダイバーでない方には意味わかんないですね)
セブ20

午前中に2ダイブしてアポ島近くに船をとめてお昼のお弁当を食べていると、何やら島のほうからこちらにアピールする声が。

セブ19

画像下にとんがって見えるのが船の舳先。
結構な距離があるにもかかわらずあの小屋からTシャツやパレオを船に向かって大声で宣伝している現地のおばちゃんの集団が。
おばちゃんがパレオの巻き方の実演などしてこちらに訴えかけてきます。
ガイドのポーさんが島に降りたいなら行きますけどと言ってくれましたが、あの物売りだらけの島に上陸したら大変なことになりそうで、私たちはパス。
少し離れたところに別の船に日本人ダイバーを乗せた船が停泊していて、そちらの女性ダイバーがパレオに興味を示したことが伝わった瞬間、おばちゃんたちは先ほど広げていた商品を手早く風呂敷で包んで、それを上手に頭の上に載せて何人もぞろぞろと海を歩いて隣の船に乗船して商売を始めていました。

ホテルには2時ごろ戻りました。
ホテルのビーチはサンクチュアリなのでシュノーケリングも有料という看板があり、どの程度のサンクチュアリなのかシュノーケリングをしてみました。
結構深いところには黒い砂地の中に珊瑚がちらほらあって魚もいたので、北海道の海よりはきっと楽しいんでしょうけど、頑張って泳ぐほどのものでもなくて、さっさと撤収。
どうやら標準プランのダイビングのドゥマゲッティの近辺ポイントとはあの程度のポイントらしいです。
やっぱりオプションにして本当に良かった。

私はその後スパにてホットストーンマッサージを受けました。
日本よりもずっと安いにもかかわらず2時間もあったので、マッサージの担当の方とさしでゆっくり話が出来ました。
このホテルに犬が3匹放し飼いにされていて、食べ物をねだるわけでもなく、愛想がよくてかわいいんですけど、先日フィリピンで日本人男性が狂犬病に犬に噛まれたというニュースをやっていたばかりで、あの犬たちは大丈夫なのか確認したところ、ホテルのオーナーは定期的に病院に連れて行って注射を打っているとのこと。
蚊にさされまくっていたので、フィリピンの蚊は病気を運ぶのではないかということも不安でしたが、マニラの衛生状態の悪いところは恐いけどここはきれいだから大丈夫と言われ一安心。
このホテルに来る日本人はみなセブのパシフィックダイバーズ(パシフィックセブリゾート内のダイビングショップです)経由でやってくると、今度来るときは直接予約したほうが安いのでそうしてくださいとそんなことまで教えてくれました。
彼女は日本の映画が好きだというのでどんな映画を見るのか聞いたら空手が好きでジャッキーチェンの映画をよくみると、それは空手ではないし日本の映画ではないと説明したんだけど、わかってくれたのかどうか。

そう外国人はどうも仕事がいい加減というイメージがありましたが、このホテルのスタッフはみなさんすごくきちんとしていました。
金庫が壊れてるといえばすぐに直してくれて、その後私を見かけたら直りましたか?と声をかけてくれ、気持ちが良かったです。

このホテルの犬達。
レストランにも普通に出入りしています。
他のお客さんたちもわきまえていて決してレストランの中でパンをあげたりしません。
上からスースター、レ-ア(後姿)、セクシー
セブ12
セブ11

明朝は6時集合。早めに就寝です。














テーマ : フィリピン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

ダイビング

楽しそうなポイントですね!珊瑚もキレイ!どちらかというとモルディブは
枝珊瑚をよく見るような気がします。
ギンガメアジの群れなど魚の群れに遭遇すると感動しますよね、つい何枚も
写真撮ってしまいます。いつもは素通りしてしまうウツボ カラフルでキレイかも★

やっぱりエステははずせないですよね^^

普通の黒いウツボはなんで欧米人があんなに喜ぶのか理解できないよね。
一度見れば充分。
でもハナヒゲウツボは別格。同じウツボの仲間なんだけどすごくきれいだし、滅多にいないからね。
フィリピンは物価が安いからエステも破格だったよ。

さすがKAO夫妻、最初からオプションつけてて良かったね。
南の海にはあんなキレイな色のウツボがいるのね!
なのに欧米人は黒いのを喜ぶの???
ワンコたち可愛い~♪

まめへ

欧米人が黒いおっかない顔したウツボで大喜びするので、一緒に潜るとガイドがウツボを見るたびに海の中で教えてくれるんだけど、もう私たちはいいからって思うの。
でも海の中ではそう言えないから、仕方なくとりあえず近づいていって見ておくという無駄な行動をとってるよ。
なんか感性が違うんだね。

ワンコ達はいい子だったよ。
うちの旦那さんは私がエステをしている間にワンコ達に相手をしてもらってたらしい。
sidetitleプロフィールsidetitle

KAO

Author:KAO
天然石とビーズのアクセサリー作り、ガーデニング、食べ歩きが趣味。
アクセサリーのHPはこちらです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleぐるめ探検隊sidetitle
ランキングに参加しています
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
北海道の旅行情報
北海道の旅行情報
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。