スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅干

札幌は急に暑くなりました。
ずっと冷蔵庫の中で漬けていた梅を干すにはもってこい。
うちは毎日お弁当を作るので地味に梅干を消費します。
梅干はスーパーのものは添加物などが多いらしく、よいものは本当に高いので、実家で母がつける梅を分けてもらっていましたが、かめがなくてもジップロックで冷蔵庫で漬ける梅のレシピを発見してからは自分で漬けることにしています。
冷蔵庫で漬けるので低塩でOKなのも健康によさそうです。

参考にしたのはこの本。

彼女のこんだて帖彼女のこんだて帖
(2006/09/01)
角田 光代

商品詳細を見る


料理本とは少し違い小説の短編集で、短編ごとにでてくるお料理のレシピが紹介されてます。
角田光代さんの小説が好きでたまたま読んでたら発見しました。
余談ですが彼女の小説では私は「対岸の彼女」と「八月の蝉」がおすすめです。


100均で買ってきたざるに広げて干します。
梅干

夜はとりこんで3,4日干すといいますが、この天気だと1日半でOKです。
これ以上ほすと梅の干物になりそうです。





テーマ : 食べ物
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

梅干までつけているとは!主婦の鑑だわ。
「彼女のこんだて帖」面白いよね。
読んだ時角田光代に懸けないテーマは無いんじゃないかと思ったよ。
<そしてレシピは読まなかったわたし・・・・。

まめへ

「主婦の鑑」でもないのよね。
ご存知の通り、スイッチの入るところと入らないところの落差が激しくて。
まんべんなく綺麗にしている人尊敬するよ。
あの本のレシピは作りやすいものが多くて良かったよ。私も小説も書くのに料理も出来るんだと思って感心して読んだ記憶があるよ。

わたしもお弁当に梅干は入れてます(この時期は特に)。なくなると「お母さん梅干なくなった~」と実家に連絡してもらってるのですが、お母さんが死んじゃったら梅干どうしよう!と思ってました。梅の見極め(梅も肉厚?じゃないと美味しくないんですよね?)もむずかしそうですし、低塩すぎるとカビてしまうイメージがあって・・・わたしもその本読んでみようと思います。
それにしても先生はなんでもできてすごいです!

chikaさんへ

そうそうこの時期はお弁当に梅干必須ですよね!
梅干の見極めは適当です(笑)
赤く熟していればいいかという程度のもので。
最初は何も知らず青い梅を買ってきてしまい、仕方なく梅酒にしたことも。
私もまだ梅干作り2年目のビギナーですので今年も成功するかどうかはまだ不明です。
去年は分量通りの低塩にして1年間冷蔵庫でカビなかったので、きっとレシピがいいのでしょうね。
sidetitleプロフィールsidetitle

KAO

Author:KAO
天然石とビーズのアクセサリー作り、ガーデニング、食べ歩きが趣味。
アクセサリーのHPはこちらです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleぐるめ探検隊sidetitle
ランキングに参加しています
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
北海道の旅行情報
北海道の旅行情報
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。