スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そばの里 京庵

登別温泉からカルルス温泉に向かう本当に何もない普通の民家がまばらにある道にこんな看板が。

そばの里京庵 看板


雑誌で見たわけでもない田舎のお蕎麦やさんなのでどうかと思いましが、だめもとで(失礼)ここでお昼を。
しかもこんな田舎(何度もすみません)なのに「中学生以下お断り」の看板が。
一体どんなお店かとますます気になります。
外観は昔からある普通の一軒屋。

親戚の家にでも来たかのような錯覚に陥ります。

でも中は改装されてとってもお洒落。
京庵 囲炉裏 


広い居間のような場所にテーブルが2つと囲炉裏が1つ。

お蕎麦の前にはそば豆腐がでてきます。

京庵 1


そしてメインの「板そば」
黒い方が挽きぐるみ、白い方が三番粉のお蕎麦だそうです。
横の湯のみと比べればわかりますがものすごい大きさ。
一口目はつゆをつけずにどうぞと言われた理由がよくわかるそば粉の風味をきちんと感じるお蕎麦です。

京庵 2


このお洒落な手作りと思われるコーヒーカップに入っているのはなんと蕎麦湯。

京庵 3


これで1000円です。
この内容、札幌で食べたら量が少ないかうんと高いかどちらかです。

行き当たりばったりで入ったお店なのに大当たりでした。

郊外の穴場蕎麦屋めぐりも結構好きであちこち食べてますが、ここは私のベスト3に入ります。
こんな目立たないところにひっそりしてるのがもったいないです。

そばの里 京庵
登別市上登別42-37  0143-84-2288  *夜は予約のみの営業

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。
先日はご訪問、コメントありがとうございました!
早速寄らせていただきました、ら!
このお蕎麦屋さん、すっごくすっごくいいですねー!!
思わずかぶり付き状態で読んじゃいました(笑)。
ふたつのお味(食感?)が楽しめるという点だけでも
行きたい気満々になったというのに、
この内容、この量で、あのお値段??と
さらにポイント上がりまくりでした☆

またオジャマさせていただきますね!

こつむぎさんへ

早速のご訪問ありがとうございます。マニアックな記事に反応していただきうれしい限りです。
やっぱりあの内容で1000円は安いですよね。
札幌からわざわざ行くにはかなり高くつきますが、登別に行くついでがあればおすすめです。

こつむぎさんもおいしいもの大好きそうなので、情報交換できるといいですね。

私もまたお邪魔させていただきます。
sidetitleプロフィールsidetitle

KAO

Author:KAO
天然石とビーズのアクセサリー作り、ガーデニング、食べ歩きが趣味。
アクセサリーのHPはこちらです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleぐるめ探検隊sidetitle
ランキングに参加しています
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
北海道の旅行情報
北海道の旅行情報
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。