スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十勝一泊旅行

すっかり長いこと更新をさぼっておりました。
その間見に来ていただいた方がいらしたらすみません。
書こうとしてたまった画像が沢山。
そのうち思い出せたらさかのぼってアップします。

今回は直近の十勝に一泊旅行に出かけてきたことについて書きます。

初めて全面開通をした道東道を通りました。
開通後からやたら事故で通行止めのテロップをテレビで見ていたうえに、ここのところ大きな事故が続いていたので、ちょっと緊張しました。

目的地は中札内なのですが、途中十勝清水でおりて、サワラビテラスにてランチタイム。

看板がなければ見過ごしてしまいそうな、広い敷地にぽつんと建つ平屋の建物です。

120616-7.jpg

小高い丘の上からいかにも十勝らしい広い平原を見渡すことのできるカフェです。
札幌の人間からみても、十勝は風景が違うと感じるので、本州の人がみたら喜びそうな雰囲気です。

景色もよくてインテリアも素敵です。

お店に到着したときには、満席で2組も待っていたほどの人気店。
お客さんが席をはずした隙に撮りました。


120616-6.jpg

120616-5.jpg

120616-4.jpg

スィーツが充実しているお店ですが、お昼時だったのでスープランチを注文。
スープは酸辣湯、クラムチャウダー、ミネストローネの3種類から選べて800円。
飲み物付で1000円、デザート付で1300円になります。

スープも副菜もよい味付けでした。

↓こちらが酸辣湯と雑穀おにぎり

120616-1.jpg

↓こちらがクラムチャウダーとパン
120616-2.jpg

食器はお店の雰囲気に合うものを特別に作ってもらったそう。

デザート付ランチのデザート。
この時はマンゴープリンとくるみと無花果のバターケーキ。

120616-3.jpg



せっかく近くまで来たので十勝千年の森で現在開催中の北海道ガーデンショーを見ることに。
以前は千年の森内にあるカフェやお蕎麦屋さんに立ち寄るには入場料はかからなかったのですが、北海道ガーデンショー開催期間には敷地内に入るには一人1500円かかるようになったそうです。
で、その北海道ガーデンショーの感想は・・・個人的な感想ですけれど、植物が見たくてみるものというよりは芸術を感じるためのもののように私には感じられました。

↓こんな感じの自然と一体化した展示があちこちに散在していて、順路を追ってみて歩くものです。

120616-8.jpg


個人的には前からあるお庭のほうが好きかな。

120616-9.jpg


千年の森を出てから今回の宿泊菜場所である中札内フェーリエンドルフに向かいます。

こちらはフロントのある建物。


120616-10.jpg


自然がいっぱいの広い敷地にヨーロッパ風のコテージが点在しています。

馬や羊などの動物も飼われていて、にわとり小屋の卵は宿泊客は自由に持ち帰ることができ、ビニールハウスなどで栽培されている野菜も収穫していいそうです。


コテージは2階建てになっていて、1階は居間とキッチン、2階には寝室が3つあってシングルの部屋、ダブルの部屋、ツインの部屋とバスルーム。
トイレは1階と2階についています。


120616-13.jpg
120616-14.jpg


ついていた夕食は敷地内のヨーロッパ風のレストランで、なぜか豚しゃぶ。
プランについていたのが豚しゃぶなのです。
洋食を食べているお客さんもいました。
ピアノの生演奏も行われていて、雰囲気はワインとフルコースという方が似合います。

120616-11.jpg


今には暖炉があり、薪を購入して炊くこともできました。
オール電化になっていて暖房は完備されているのですが、本物の火をみると温まります。

120616-12.jpg



翌朝は早起きをして、森林浴をしながら敷地内の散策をして運がよければ鶏の卵でもいただこうなどと企んでいたのに、起きてみたら生憎の雨。
鶏の小屋も見に行ってみましたが、長靴でもないと大変なことになりそうな状況だし、野菜はまだ季節的に収穫には早い感じ。
卵はチェックインの時に1人に4個ずつくれたので、それでいいことに。

朝食はその鶏たちが産んだ卵で卵かけごはんが食べられます。



チャックアウトして近くの十勝野フロマージュに行ってチーズを購入。
このお店ほとんどすべての種類のチーズを試食することができるのが良いです。

それから帯広へ。

昨夏に、一年で一番帯広に人が集まるであろう勝毎の花火大会の日に行ったときにあまりの行列にあきらめた、豚丼で有名なぱんちょうへ。

今回もお店の外に行列ができていましたが花火大会の時とは雲泥の差。10分ほど外で待ったら店内に入ることができました。
ちなみに私たちの前で待っていたのが韓国人、後ろで待っていたのは関東から来たらしい旅行客。
北海道外どころか、国外でも有名なお店なのですね。

120617-1.jpg

私が食べたのは一番お肉の少ない松850円。
このお店はおかみが梅子さんなので松竹梅が通常とは反対なのです。


120617-2.jpg

たれが変に甘くなくて、炭火焼の香ばしさがあって、たしかに今まで食べた豚丼の中で一番おいしかったです。
これは待って食べる甲斐がありました。

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

サワラビカフェ

私の知らない素敵なカフェが出来てるんだねー。
行ってみたいものだわー、でもうちの夫いいカオしないし、
時間に限りもあるから帰省時に行けないのよね(/_;)
今度はぱんちょう入れてよかったね(^'^)
豚丼は甘くない方がおいしいよねー。

まめへ

サワラビカフェよかったよ。
帰省時に行ければよいのにね。
一度行ってみたかったぱんちょうにやっと入れたよ。
甘ったるい味付けは好きじゃないから本当に美味しかった。
秘伝のたれなのかな。
sidetitleプロフィールsidetitle

KAO

Author:KAO
天然石とビーズのアクセサリー作り、ガーデニング、食べ歩きが趣味。
アクセサリーのHPはこちらです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleぐるめ探検隊sidetitle
ランキングに参加しています
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
北海道の旅行情報
北海道の旅行情報
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。