スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月3日(火)ベルサイユ宮殿 オルセー美術館

午前中はオプショナルツアーにてベルサイユ宮殿へ。

パリ中心部から比較的近いので余裕の8時45分集合。

申し込み時に既にガイド付ツアーが申し込み時に満員であったため、行き帰りのみツアーに参加です。

110503-5.jpg


入場チケットを手渡されてから入場するのにもしばらく並びました。

だってこんなに人がいるのです。
GWは日本だけだしと思ったけれど、特に日本人だけで混んでいるようでもなく。

110503-6.jpg



館内で日本語のオーディオガイドを無料で貸してくれるのでガイドさんがいなくても大丈夫。
ただ人が多くて今この部屋が何番なのかが見えなかったのがちょっと大変でした。


ものすごい混雑で、フランスの観光地はどこもすごく混んではいますが、この日のベルサイユ宮殿の混みようといったら札幌の地下鉄ラッシュ時に匹敵するんじゃないかという場所もありました。
なのでちょっと何かを真剣に見たり、オーディオガイドの説明を聞いていると主人を見失うことが何度も。

そんな中で特に印象に残ったのは鏡の広間。

110503-12.jpg


110503-2.jpg

端っこなら人が入らず写真撮れました。

110503-1.jpg

そしてマリーアントワネットのお部屋。

110503-7.jpg

こんな豪華絢爛なお部屋が次々とあるので今となっては何が何だかわからなくなってます。

集合時間までに追加料金で庭の見学をすることも出来ますがあまりに広大だし、少ししか見れないのがもったいないのでやめました。

110503-3.jpg

ベルサイユ宮殿をゆっくり堪能したければ一日中いないと無理です。

広大な庭の向こうにはプチトリアノンというマリーアントワネットが過ごした離宮もありますが、半日ツアーで行くのは恐らく不可能かと。

中にはカフェやレストランもあるし、綺麗に手入れされた庭の中でピクニック気分を味わったりする楽しみ方もあるそうです。

半日ツアーなので昼過ぎにはパリに戻りました。

私はその足でホテルそばの手芸店ウルトラモッドへ。

110503-13.jpg


有名なビーズの作家さんの本で紹介されていて、蚤の市をあきらめたのでこのお店だけは一瞬でもいいから見たいと最終日の午後になんとか予定に入れました。

結局あまり時間がなかったのでボタンを少しだけお買い物しました。
ビーズはありませんでしたが、ボタンはすごい種類があって素敵なのが沢山ありました。
リボンも何か買おうと思いながら舞い上がって忘れて帰ってきました。
パリで手芸用品を買うという贅沢なひと時を少しだけ味わうことが出来てよかった。

その後パッサージュを少し歩きました。
パッサージュとは日本のアーケード街をお洒落にした感じです。
あちこちにあるようですが、今回はウルトラモッドの近くで3つつながっている、パッサージュ・デ・フランス、パッサージュ・フロワ、パッサージュ・ベルドーを歩いてみました。

110503-15.jpg

パリにいる間に一度食べたいと騒ぎながらなかなか出会えなかったクレープ屋さんがパッサージュ内にあったのでここでお昼に。

内装は、びっくりドンキーを少し上品にしたような。
白樺の幹から桜の花咲いてるし。

110503-16.jpg

クレープは沢山種類があって何が何だかよくわからないまま、とりあえず食事っぽいのを。

110503-14.jpg

この後、ヴェリブというレンタサイクルを借りてオルセー美術館まで行く予定だったのですが、本を片手に操作しつつも結局よく機械の使い方がわからず、歩いた方が早いとかいう話になり、今地図で確認すると約2kmはある道のりを歩きました。

そしてやっと到着したら夕方だというのにすごい行列で30分ほど並んで入れました。
ルーブルが定休日なので混むかなとは思っていましたがやっぱりすごかった。

オルセーは駅だった建物を美術館に改装したそうです。

110503-8.jpg

オルセー美術館では疲労がピークになり、あれほど沢山の名画があるにもかかわらず、時々意識が遠のいていました。
元気であればもっと感動しながら観れた名画だらけだったのに今思えばもったいないです。
印象派の知っている絵がたくさんあるので、絵画だけでいえば私はルーブルよりも見応えがあったかと思います。

オルセーは写真撮影禁止なので写真はありません。

ミレーの「落穂拾い」モネの「睡蓮」ドガの踊り子シリーズ、ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」などが印象に残ってます。

オルセーを出た後はコンコルド広場へ。
マリーアントワネットやルイ16世が処刑された場所です。
今はもちろんそんな悲劇があったとは思えない、美しい場所でした。

エジプトから贈られたというオベリスクです。

110503-10.jpg


それからマドレーヌ寺院のあるマドレーヌ広場へ。

110503-11.jpg

マドレーヌ広場には花市があり沢山のお花が並んでました。。

110503-18.jpg

そのマドレーヌ広場で、今回は行けなかったシャンゼリゼ通りにしかないと思っていたカフェ・ラドュレを発見。
マカロンが有名なお店です。

110503-9.jpg

ショーウインドーも可愛い。

110503-17.jpg

せっかくだからお茶をしたかったのですが、満席だったので断念。
そしてパリのカフェは大抵そうですが、席と席の間が近くて東京どころかの話ではありません。
男の人って狭いカフェを嫌がるんですよね。

銀座三越にも支店があるそうなので今度東京に行ったら入ることにします。

そして軽い夕食にフォーションへ。

110503-19.jpg

テイクアウト用の惣菜やパンを買ってイートインで食べました。

その後ショップでお土産を購入。

さらに足りないお土産を得意のモノプリで買ってパリ最後の夜は終了です。






テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

濃縮!

ギュッと中身の詰まった濃い日程だ!
私の体力じゃオルセーに着く前にバッテリー切れかも。
手芸店にも行けて良かったね(#^.^#)
ラデュレのディスプレイ素敵だわ~♡

まめへ

今思い返すとどこにこんな体力があったのって思う。
あの緊張感をもって日々を過ごせば、もっといろんなことが出来るはずなのにね。

ラドュレのディスプレイは有名なんだって。
女子同士で行ったならこういうスポットは必ず寄るよね。

目一杯観光を入れたから、お洒落なお店でお買い物とかカフェめぐりは中4日間じゃ無理だったのが残念。
あとせめて1日ほしかったな。



sidetitleプロフィールsidetitle

KAO

Author:KAO
天然石とビーズのアクセサリー作り、ガーデニング、食べ歩きが趣味。
アクセサリーのHPはこちらです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleぐるめ探検隊sidetitle
ランキングに参加しています
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
北海道の旅行情報
北海道の旅行情報
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。