スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルテピアッツァ美唄

札幌から高速利用で1時間ちょっとのアルテピアッツァ美唄へお出かけしてきました。

世界的に有名な彫刻家・安田侃さんの作品がテーマの公園です。

彫刻のことは正直よくわかりませんが、手入れの行き届いた綺麗な公園を見て歩くのは気持ちよく、私のような凡人でも楽しめました。
綺麗な緑の中にあるから無機質な作品が引き立つように感じました。
ディズニーランドでいうところの隠れミッキーのように、公園につながった山や森の中に隠すように設置してあるものもあり、探して歩くのが楽しかったです。
ヒグマの生息地に近いため、少し山に入った中にある作品をみるための通路に貸し出し用のクマよけの鈴がかけてありました。
今年の4月には目撃情報があったとか。


101011-003.jpg101011-004.jpg  
101011-005.jpg101011-006.jpg
101011-008.jpg
101011-009.jpg101011-010.jpg
101011-012.jpg←こちらはアルテピアッツァ美唄の中でななく
炭鉱メモリアル森林公園の写真。
アルテピアッツァのパンフレットに写真があったのでわざわざ見に行ってきました。
石炭掘ってたときに使っていたものでしょうが、色は塗りなおしているよう。
見ようによってはこれもオブジェなのかも。




そして驚いたことに普段はイタリアに住んでいる安田侃さんご本人が奥様とともにいらしていたのです。
他の方がサインをもらっているので初めて気づいたほどの、自然体の普通の雰囲気の方でした。
とても感じの良さそうな方だったので、是非一緒に記念写真をと思いましたが、ずっと大ファンだったというわけでもない凡人が出すぎたまねかもと遠慮しました。
出身地とはいえ滅多にいらっしゃらないそうです。


もう一つの目的が同じ敷地内にあるカフェアルテ
窓際の席に座ると遠くに作品を見ながら珈琲を飲む事ができます。
普段カフェでは本を読んだり何かしたくなりますが、ただぼうっと外を見ていたくなるカフェでしたよ。

101011-001.jpg101011-013.jpg
101011-011.jpg


 
 

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

引き続き

ここも外国みたいだわー。
言われなかったら美唄だと分からないよ。
でもヒグマ生息地・・・せっかくの美しい場所で
鈴を振り回して静寂を乱しまくってしまいそう。
いや、早々にカフェに入ってそこから作品を鑑賞すればいいのよね(^_^;)。

まめへ

素敵なところでしょう。
数年前から雑誌で紹介されていて、そのうちにと思いながらやっと行ってきたの。
こんなに綺麗に整備するだけでどれだけの人件費がかかるだろうと思うのだけど、入場無料っていうのが太っ腹だよね。
山道にさえ入らず開けたところにいればヒグマは出てこないようだから大丈夫。

sidetitleプロフィールsidetitle

KAO

Author:KAO
天然石とビーズのアクセサリー作り、ガーデニング、食べ歩きが趣味。
アクセサリーのHPはこちらです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleぐるめ探検隊sidetitle
ランキングに参加しています
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
北海道の旅行情報
北海道の旅行情報
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。