スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009秋 東北旅行 その4

秋田から青森に戻りました。

途中、岩盤浴発祥の地で有名な玉川温泉のそばを通ったのでちょっとでも見てみようかと思いましたが、道路が「満車」ということで通行止めになっていて、近づくことさえ出来ませんでした。

青森県では十和田湖を軽く散策し、奥入瀬渓流に。
その昔修学旅行で行っているはずなのに、全く記憶がありません。
当時はあの自然のありがたさがわからずただの山だと思って歩いていたのでしょう。

奥入瀬渓流2
奥入瀬渓流1

評判どおりのすばらしい自然が続きました。
時間があれば何時間もかけて散策路を歩いてみたかったのですが、時間がないので要所要所を車で移動しながら写真を撮って奥入瀬渓流は終了です。

今回宿泊したのは八甲田温泉・遊仙です。
この繁忙期にじゃらんネットのポイント割引が使えて良心的な価格でした。

八甲田遊仙4


こちらも日帰り入浴客がいる時間帯はすごいことになってましたがそれが終わったら拍子抜けするほどがらがら。
きっと昨日の鶴の湯もそうだったのでしょう。

この宿の一押しのお風呂がラムネ風呂です。
日帰り入浴だと1500円別料金が必要なお風呂ですが、宿泊客は時間を予約するだけで無料で利用できます。

八甲田遊仙2

湯船につかっていると体に気泡がつく炭酸風呂です。
炭酸風呂は体がよく温まるのでお気に入りです。
さらにこちらのお湯は見た目はほとんど無色透明ですが温泉成分の濃さを実感できます。
本当に気持ちのよい泉質でした。

八甲田遊仙3

こちらが露天風呂写真。

八甲田遊仙1


夜は私一人しかいなくなり、昼間あんなにたくさんいたお客さんの一人でもわけてほしくなりました。
周囲は真っ暗で、よく考えると八甲田山の山の中です。
熊が来たらどこに逃げるべきか、退路をイメージしてました。


翌日宿をチェックアウトして周囲を少し観光。

酸ヶ湯1


酸ヶ湯温泉を通りかかったので、建物の重厚さと古さに雰囲気だけでも見ようと入ってみると、朝の8時から9時まで普段は混浴のヒバ千人風呂が女性専用になることに気づきました。ちょうどそのときは8時40分。
朝から先ほどのお宿のお風呂もたっぷり堪能していたのですが、15分でもいいから酸ヶ湯に入ってみたいと大急ぎで券を買って入りました。
テレビでみていたとおりの広いお風呂でお湯も酸味のある(舐めたわけではないのですがなぜかわかる)今まではなかった泉質だし建物が北海道ではまずお目にかかれない古くて重厚な造りでとってもよかったです。
見学禁止とか撮影禁止とか色々張り紙がありました。
このお風呂なら写真撮りたい気持ちはよくわかるのでそういう問い合わせもあるのでしょう。
お風呂が広いのでお客さんは結構いましたが、ゆっくり入ることができました。

ヒバ千人風呂とは別の入り口で別料金で玉の湯というお風呂がありそちらは男女別になっています。
入りませんでしたが、女性用は相当混みますのでご了承くださいと書いてありました。
やはり東北の人気温泉はどこもそうなんですね。

その後酸ヶ湯からすぐ近くの「まんじゅうふかし」という高温の温泉蒸気が中を流れる木箱に腰をかけて体を温めるという場所へ。
この東屋の下にその装置(?)があります。
婦人科に効きそうでした。

酸ヶ湯2



その後ロープウェーにて八甲田山に登り、その後少し離れた八甲田山雪中行軍遭難資料館を見学して、青森でまぐろ丼を食べました。

朝から何日分遊んだかと思うほどあちこち行きました。

フェリーで約3時間で函館に戻りました。
今回乗ったなっちゃんワールドです。

なっちゃんワールド


テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

熊が現れたときの退路をイメージ、にうけたけど^m^
私も考えそうだわ~。結構リアルそう。
札幌の中学生(?)は修学旅行で奥入瀬渓流に行ったのね~。
私は仙台に来てから初めていったよ~。
あの清らかな流れは思わず心が洗われそう・・・なんだけどなかなか汚れがシブとくてね。。。
やっぱり温泉のディープさに比例して効き目も高そうだ!

★まめへ★
夜の露天風呂はあまり怖がりではない私が結構怖かったので、まめは入っていられないかも。
自然が豊かということなんだけどね。

奥入瀬渓流は近所に住んでたら散歩に行きたいところだよね。
私の心の汚れも相当シブといのであっという間に元通り。

sidetitleプロフィールsidetitle

KAO

Author:KAO
天然石とビーズのアクセサリー作り、ガーデニング、食べ歩きが趣味。
アクセサリーのHPはこちらです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleぐるめ探検隊sidetitle
ランキングに参加しています
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
北海道の旅行情報
北海道の旅行情報
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。