スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラ・トルテュ

今更ですが4月にOL時代の仲間4人でラ・トルテュにランチに行ったときの記事です。

何かの話からたまの贅沢ランチにとこのお店に予約をいれておいたその前日に、北海道ミシュランが出てこのお店に星が1つついたことを新聞で知り、偶然にもとってもタイムリーなタイミングで行くこととなりました。

このお店の場所は今から10年以上前に違うお店が入っていたときによく来たことのあるところでした。
一緒に来ていた先輩となつかしいね~と話しながらの集合。

お店にはミシュラン掲載おめでとうのお花が届いていました。

3000円のコースを注文です。
私は不覚にも車で行ったので水で我慢。
他の3人はせっかくだからとワインも飲んじゃってました
公共交通機関で行けばよかった・・・。
主婦のランチとしてはかなりの贅沢かと思いますが、こういう時の私たちの言い訳は「夜飲みにでるよりずっと安いもんね~」


あまりに時間が経ってしまい、メニューの説明ができないのでほとんど画像だけ。


前菜4人分
120820-2.jpg

120820-3.jpg

120820-4.jpg

鴨肉
120820-6.jpg

120820-7.jpg
120820-8.jpg

お茶菓子4人分

120820-9.jpg

お店の人の話によるとミシュランで偵察に来たのはたぶんあの時という心当たりはあるそうです。
それらしい人がどういう行動をとるかを教えてくれたので、今度やってみようかなんて話していたら、東京でミシュランが出たときには本当にミシュランごっこが流行ったとのこと。


普段の自分ひとりのお昼とは打って変わって優雅なランチでした。
今回の教訓は「贅沢ランチに行く際には車はおいていくこと」です。


LA TORTUE

札幌市中央区大通西16丁目2-4メゾンエクレ―レ2F

011-598-7280 定休日:月曜





スポンサーサイト

テーマ : フレンチ
ジャンル : グルメ

ブーランジェリー JIN

真狩村にあるブーランジェリーJINに行ってきました。


このパン屋さんの存在を知ったのは、小樽の忍路にある有名店エグヴィヴを調べていたら、このお店と比較して記事を書いている方のブログをみつけたから。

エグヴィヴもあの立地でこれほどまでの有名店になる秘訣を是非教えてもらいたいようなすごいところにありますが、JINも周囲には農家しかない、真狩近辺をうろついていても今まで通ったことのなかった道沿いにありました。

120813-11.jpg

120813-12.jpg

店内は撮影NGなので、外観とお買い上げのパンのみで。

120813-13.jpg

みんな美味しかったですけど、ハード系のパンが特におすすめでしょうか。

左奥の袋に入ったパンは名前は忘れましたが、フランスパン風とのこと。
フランスパン特有のもちもち感がしっかり感じられて、自宅にあったイタリアのクリームチーズをつけて食べたら相性ばっちりでした。


またこのパンを買うためだけに中山峠越えしたくなりました。


ブーランジェリーJIN

虻田郡真狩村桜川45-8  0136-45-2773
 
火・水休み  売り切れ次第閉店



テーマ : パン
ジャンル : グルメ

RISTORANTE89(リストランテハック)

ニセコに昨冬オープンしたレストランにランチに行ってきました。

ハックルベリーファーム内にオープンした自家製の野菜をいただけるレストランです。

お盆休みの書き入れ時とあって11時半頃ついたときには残り1席。

私たちが座った後からも続々とお客さんがきて、順番待ちになっていたので早めに行って正解でした。

120812-1.jpg

建物の裏手に広大な畑があって、馬が放牧されていたり、烏骨鶏の鶏舎があったり、散策できるようになっています。

120812-2.jpg


パスタセットを注文。

セットのスープには自家製のキャベツが入り、サラダはすべてこの畑でとれたもの。
キャベツときゅうりの甘さに驚きました。
あんな甘いきゅうりは滅多に出会えないと買って帰りました。
ちなみにお値段3本で100円です。

120812-3.jpg

主人がバジルのパスタを

120812-4.jpg

私はカルボナーラを選択。
カルボナーラはここで飼育されている烏骨鶏の卵を使用しています。
臭みの全くない新鮮な卵でつくるカルボナーラはなかなか食べられないお味でした。
カルボナーラのレシピは過去いろいろ試しましたが、新鮮な卵を使わなければ結局工夫しても意味がないのかもと思ったほどです。

120812-5.jpg

裏の畑にて。

120812-6.jpg


コースメニューなどもありました。
またニセコに行ったらいってみたいお店です。


RISTRANTE89

虻田郡倶知安町樺山259

0136-22-3388 

テーマ : ランチ
ジャンル : グルメ

2012年 沖縄旅行 その2

3日目 

ホテル内の海が見えるレストランにてビュッフェの朝食。

120731-12.jpg


万座ビーチホテルのある恩納村から北上して沖縄本島最北端の辺戸岬を目指します。

沖縄本島は南北にとても長いので最北端まで行こうと思ったらあまり寄り道はしていられません。
北海道外の人が札幌⇔函館が簡単に日帰りできる距離と誤解する人が多いように、私も沖縄本島があんなに大きな島で高速道路を利用しないとならないということを初めて知ったときには驚いたものです。

朝出発して昼近くにカフェ山甌(やまがめ)に到着しました。

こんなところに本当に人が住んでいるのかという本当にすごいところにあります。


120731-13.jpg

120731-14.jpg

虫が苦手な女子は無理なところかもしれません。
完全に森と一体になったカフェなので当然虫もセットです。


120731-15.jpg

ここで早めのランチを済ませて、辺戸岬へ。

120731-16.jpg

天気が悪いせいで、本来青く見えるであろう海がこんな感じ。
北海道最北端の礼文島の写真でも紛れ込んだかと思うようなそんな景色になってます。

120731-17.jpg


往路は島の北西側を通って南下。
762mの瀬底大橋を通って離島である瀬底島にわたってみました。
沖縄はやっぱり離島がきれいです。

120731-18.jpg

こちらは瀬底島からみた瀬底大橋。

120731-21.jpg

本島に戻り、本部町にある山カフェやちむん喫茶シーサー園にて少し休憩。

すごい秘境にあるような印象だったのに、普通の場所で見た目ふつうの建物。


120731-20.jpg

確かに屋根にシーサーはいるけどと思って店内2階席にいってみると。

120731-19.jpg

ちゃんと秘境にいるような風景になるのでした。

そんなことをしているだけでホテルに戻るとちゃんと夕方。
こんなに時間をかけて最北端に行っただけに海がきれいに見えなかったのが本当に心残りでありましたが、仕方ないですね。

夕食はホテル内沖縄料理のビュッフェにて。
沖縄伝統舞踊のショー付でした。

4日目

朝食は和食のレストランにて

120731-22.jpg


万が一渋滞にはまっては大変なので早めに出発。
アウトレットモールあしびなーの隣がレンタカー返却場所だったので、早めに返して時間調整はあしびなーで。
今回の旅行で大雨でえらい目にあった時に、裸足でクロックスをはいている女性があまりにうらやましかったので、クロックスのアウトレットで靴を買って帰りました。

昼食は空港で毎回必ず立ち寄る沖縄そばのお店にて。
北海道でも沖縄そばは食べれますが、やっぱり沖縄で食べるのとは味が違うような気がします。

120731-23.jpg



これにて沖縄旅行記終了です。
メジャーどころの美ら海や首里城などに行ってないので、なんだかしまらない内容となりました。





テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

sidetitleプロフィールsidetitle

KAO

Author:KAO
天然石とビーズのアクセサリー作り、ガーデニング、食べ歩きが趣味。
アクセサリーのHPはこちらです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleぐるめ探検隊sidetitle
ランキングに参加しています
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
北海道の旅行情報
北海道の旅行情報
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。