スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葉茶屋

札幌のカフェを特集した本をどこかで立ち読みしたときに見つけた葉茶屋にてランチしてきました。
お重に入った立派なランチメニューがすごく印象に残っていたのです。
場所は北星女子中高の並びです。

葉茶屋2

画像だと今ひとつ迫力が伝わらないですね。これにお味噌汁がつきます。
奥の煮物とお浸しの入っている小皿の脇におかずがこれでもかとぎっしり入っていました。
手前のごはんはプラス200円で雑魚ごはんにしてもらいました。

葉茶屋1

お昼にこれだけ栄養バランスのとれたものをしっかり食べれば夜は適当でいいのかも(と実際その夜はそうなりました)と思える内容です。
実際どうかは知りませんが、料理の得意な奥さんがその腕をいかして始めたカフェという印象で、全部手作りの手の込んだおかずばかりでした。

葉茶屋

札幌市中央区南6条西17丁目2-7 グランドパレス啓明II 1
011-563-5858  日曜休 
09:00-20:00(LO19:30)
スポンサーサイト

テーマ : cafe
ジャンル : グルメ

しろくまカフェ

道南方面からの帰り道の昼食はちょっと遠回りですがニセコビュープラザ近くのしろくまカフェにて。

しろくま3

このカフェは窓いっぱいに羊蹄山が見えるということで以前からチェックしていました。
私なぜか羊蹄山が大好きなんです。
子供の頃から何度も見ていたのに30過ぎたあたりにそのことに気づいたような。

ただ残念なことにこの日は曇り空で羊蹄山は見えず

気をとりなおしておまかせランチ1000円をオーダー。

しろくま1
しろくま2

このお店のオーナーの方はとにかく気さく。
「パンね、失敗してかぼちゃ入れすぎちゃったんだけどいい?」
って前からの知り合いのように楽しそうに話されます。
失敗したなんていいながらちゃんとふわふわで美味しいパンでした。
パンの横の桜餅みたいなのはロールキャベツのキャベツの代わりにケールで包んだというお料理。
そのとき手に入る野菜をたくさん使って毎回思いつきでお料理を作るそうです。
「うちね、野菜が嫌いな人には嫌がられるの」って、多分そうでしょう。
主人のカレーライスには大根の輪切りが入ってました。
秋にくれば敷地内にある天然のきのこのお料理がたくさん並んだそうです。
「使い切れないから、お客さんにも採って帰ってもらったのよ」って、とにかく楽しく働いていらっしゃる様子でした。

ご自宅の居間を解放されているようで、座席数は少ないです。
もしも羊蹄山が見えるベストポジションの席を狙うなら予約が確実かもしれません。


しろくまカフェ

北海道虻田郡ニセコ町字里見82-4   0136-44-3368
ランチ 11:00-14:00
ディナー18:00-22:00 予約制

定休日  水・木曜日



テーマ : cafe
ジャンル : グルメ

クロフォードイン大沼

クロフォードイン大沼というプチホテルに泊まってきました。

クロフォードイン大沼8

温泉の付いている宿に泊まることが多いのですが、前から一度行きたかった日帰入浴施設の流山温泉への送迎が付くことと、開業16周年記念のプランがお得だったので選んでみたお宿です。

今年の4月にリニューアルオープンしたというだけあって新しくて綺麗でした。



クロフォードイン大沼9
クロフォードイン大沼2 

クロフォードイン大沼1 

 

流山温泉は写真を撮ったのですけど正面からみてもただ岩がごろごろしてるような、なんだかわからない画になったのでHPで見てください。
彫刻家の流政之さんがプロデュースしたという温泉全体が作品になっているそう。
石鹸が普通の花○みたいな白い石鹸ではなく、髪も体も全部洗えるというオリーブオイルとローレルオイルで出来た手作り石鹸なのがなんかお洒落でした。


16周年記念ディナーです。

大沼ワカサギの唐揚げサラダ仕立て

キングサーモンのパピヨット
クロフォードイン大沼3 クロフォードイン大沼4 
八雲牛のヒレステーキデザート
クロフォードイン大沼5 クロフォードイン大沼6 

八雲牛のステーキが特に美味しかったです。

パンのお代わりを狙ってましたがそんな感じでもなくて、大食いの私には少々物足りなく、後から売店のかっぱえびせんを買って食べようか悩みました。

部屋にはVODが完備されているので滞在中はひたすらビデオを見まくりでした。
夕食食べてすぐに映画を見てごろごろ出来るのって主婦にとっては贅沢な時間です。


朝食は洋食にしました。和洋選べます。

クロフォードイン大沼7 

あの綺麗なお部屋に泊まって、美味しく2食食べたのに連休中にもかかわらず民宿に泊まれるようなお値段でお得でした。

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

モーリエ 函館

雑誌スロウに掲載されていた函館の外人墓地内にあるモーリエというカフェに行ってきました。
この雑誌の「スロウなカフェを訪ねて」コーナーで紹介されているカフェはまずはずすことはありません。
「星に願いを」という竹内結子さんが主演している映画のロケなどにも使われたお店です。

駐車場はなく周囲は駐車禁止が多くて困りましたが、なんとかして(内緒です)坂を歩いてお店に行きました。
本当にお墓の真っ只中にありました。
モーリエ3

海の見える高台にある風情のあるちょっと古い建物です。
モーリエ2

ここでランチの予定が季節外れの為、目当てにしていたロシア料理のランチメニューはお休み。
確かに昼時なのにお客さんが皆無。
ピザしか食べるものがなかったので、ここでのランチはやめてコーヒーだけいただきました。
N43というネーミングのコーヒーは濃くて私好みでした。
モーリエ1

窓辺には双眼鏡が置かれているのでテトラポットにとまったかもめの表情などをじっくり観察できます。
運良く11月下旬にしてはとても恵まれた良いお天気で海が綺麗に見え、ここでぼーっと一日お茶を飲むのも良さそうな雰囲気です。
札幌では絶対に味わえない函館ならではの情緒のある素敵なお店でした。

モーリエ

北海道函館市船見町23-1   0138-22-4190

テーマ : cafe
ジャンル : グルメ

キッチンアウル 八雲

3連休を利用して函館方面に。

函館に行くときはいつも時間的に八雲近辺でお昼を食べたくなり定番のハーベスター八雲に行くことが多いのですが、毎回だと飽きてきまして、今回は初めてキッチンアウルに行きました。

国道沿いにあるログハウスなのですぐ見つかります。
ご夫婦でやっているらしいお店です。
少々待ちますが漫画や雑誌がたっくさんありますので暇はつぶせます。

キッチンアウル3

玄米ドリア
キッチンアウル1


焼きミートハンバーグスパゲティ
キッチンアウル2

玄米を使ったお料理を出すお店ってだけで私の中ではポイントがあがります。

キッチンOWL
二海郡八雲町山崎616-38
TEL 0137-68-2775
営業時間 11:30~23:00(ランチ 11:30~14:00)
定休日 木曜日

テーマ : cafe
ジャンル : グルメ

e.cot cafe

お洒落なお店などの情報にとても詳しいTさんの選んでくれたイーコットカフェで総勢4名でランチしてきました。
今年1月にオープンしたお店でテレビやポロコでチェックしていて私も一度行きたいと思っていたお店です。

イーコットカフェ3


インテリアはイギリスのアンティーク風でお食事は和食という変わった組み合わせです。
が、有名割烹で働いていたという方の作った日本料理はかなり本格派でした。
見た目はもちろんお出汁に手を抜いていないのでどれも上品な味付け。
ランチメニューの深山膳1200円はあの内容のお料理にデザート、飲み物がついていてものすごくお得です。
イーコットカフェ2


飲み物はなんとなく紅茶を選んでみましたが、ダージリンかアールグレイを選べてポットでサービスされます。
コーヒーを選べば丸美珈琲の豆だったようです。
最後の飲み物まで手を抜かないお店は印象が違います。

イーコットカフェ1



いつも混んでいるようなので、予約していくことをお薦めします。

イーコットカフェ

札幌市白石区菊水元町9-2-2-29  011-873-7799

日祝定休

テーマ : cafe
ジャンル : グルメ

支笏湖 水の詩 秋編 

今年6月にお友達3人と行った支笏湖の鶴雅リゾート水の詩へ今度は主人と行ってきました。
北海道はこの季節は閑散期なのでかなりお得なお値段になっています。
(前回の記事はこちら

前回は3人だったので控えの間があるような広めのお部屋を用意してくれましたが、今回のお部屋の間取りは一般的な温泉の間取りでした。
でも部屋にマッサージチェアやコーヒーメーカーのようなものが付いているのは一緒です。

部屋についている作務衣のサイズが男女共通のフリーサイズで女性にはあまりに大きすぎるのが前回気になって3人でアンケートに書いて帰ってきたのですが、今回行ってみたらちゃんと女性用サイズが用意されていました。

前は風呂あがりのスペースに世界中の水がバリエーション豊富に用意されていましたが規模が縮小されて、代わりに枕が種類豊富に用意され専門のスタッフがアドバイスしてくれるスペースが出来ていました。

そして前回は夕食の時にメインディッシュをあらかじめ選びましたが、メインでおなかいっぱいになって他のものがあまり食べれなくなると感じていたら、バイキングの中でメインのお肉やお魚を好きな量だけ選ぶように変わっていました。

阿寒湖の鶴雅もそうでしたが、宿泊者がアンケートを書いてチェックアウト時に持っていくと記念品をくれるので、みなさん一生懸命書くのでしょう。私達もそうでした。
それで色々なことが改善されるのだと思います。

中庭はすっかり秋モードで、このパラソルの下で休む人は皆無。
水の詩17

宿泊者専用ラウンジアペソでは暖炉に火が入ってました。
横にマシュマロが用意されていて、串にさしてあぶって食べることが出来るようになっていました。
水の詩16

今回はラウンジの横にあるバーに行ってみました。
窓の外は石の上を水が流れてくるようになっています。
パズルやゲームがたくさん用意されていたのでダイヤモンドゲームで遊んできました。

水の詩15





テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

鵡川 大豊寿司

私が子供の頃からししゃもだと思っていた魚は正式にはししゃもではなかったことを初めて知ったときは軽い衝撃を受けました。
そしてスーパーでもお値段が2,3倍する鵡川のししゃもを焼いて食べたときはやっぱり高いだけあると思ったものです。
そして一度食してみたいと思いながら、季節が10月から11月に限られるためいつも逃していた鵡川のししゃも寿司を初めて食べに行ってきました。
行ったのは大豊寿司というお寿司屋さん。
鵡川では有名店らしく調べてみるとあちこちで「混む」「並ぶ」の文字だらけで覚悟していたのですが、なぜかこの日はすんなり座ることが出来ました。

周囲を見てもみんな食べているのはししゃも寿司でした。

大豊寿司1

ししゃも寿司と共にとびっこみたいな魚卵の軍艦がのってきます。
どうやらししゃもの卵だったらしいのですが、何も考えずにぱくぱく食べて後から知ったのが残念です。


大豊寿司2

最後の1つだった天ぷらも注文。


大豊寿司
勇払郡むかわ町文京町1-8  0145-42-5222

続きを読む

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

KAO

Author:KAO
天然石とビーズのアクセサリー作り、ガーデニング、食べ歩きが趣味。
アクセサリーのHPはこちらです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleぐるめ探検隊sidetitle
ランキングに参加しています
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
北海道の旅行情報
北海道の旅行情報
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。