スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャセロール

お友達のブログや雑誌などで紹介されていたキャセロールでケーキを買ってきました。

外観もかわいいお店です。

キャセロール1

最近野菜を使ったスイーツが取り上げられるのをよく見るようになりました。
以前からにんじんケーキやかぼちゃプリンはありましたけど、最近はいろんなお野菜を取り入れているよう。

みんな美味しそうで悩みましたが選んだのは
左:じゃがいものオペラ
右:とうもろこしのプリン

キャセロール2

どちらも野菜のもつ香りがうまい具合に活かされていて、甘すぎずによい感じです。

お店の中にはカウンター席もあり、コーヒーと共に店内でいただくこともできます。

季節ごとに限定ケーキが出るようなのでこれからも楽しみです。

キャセロール

札幌市中央区南13条西23丁目2-3 011-596-0525
スポンサーサイト

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

(移転前の)SATO COFFEE

時々自宅用にコーヒー豆を買っていたSATO COFFEEで初めて店内でコーヒーをいただきました。

SATO COFFEE4


たまたま通りかかって知ったこのお店のオリジナルブレンドがすごく美味しくてお気に入りだったのですが、こだわりのレストランなどでこちらの豆を使っていることがあり、やっぱり美味しいんだなと再確認したこともありました。
プロのいれてくれるコーヒーは雑味がなくて自宅で淹れるよりもずっと美味しく、ちょっと一休みしたいとか、おしゃべりがしたくてとかではなく、美味しいコーヒーをいただくためにだけお金を払ってお店で飲む価値のあるお味です。
ついでにケーキ類も注文。

ブラウニー
SATO COFFEE2

レアチーズケーキ
SATO COFFEE1

SATO COFFEE3

会計の時に移転の案内を渡されて驚きました。
なんとこちらの南6条西22丁目の店舗での営業は本日で終了とのこと。
全然知らなかったのに最終日にたまたま来るとは。
道理で常連っぽいお客さんが多かったわけです。
知らずに豆を買いにきて店舗がなくなっていたらがっかりするところでした。

移転先の住所は

札幌市中央区宮の森1条6丁目5-15 宮の森ビル1階

こちらの店舗にも近々行ってみたいと思います。


テーマ : cafe
ジャンル : グルメ

カフェ ジミー・ブラウン

北海道の夏らしさも今日で終わりとの予報。
ここ数年の猛暑が嘘のように本当に涼しい夏でした。

この最後の夏らしい日を楽しむために是非カフェのテラスで過ごそうとジミー・ブラウンでお茶しました。

山の手通りに面していて通るたびにいつか入ろうと思っていたお店です。
アングルが悪いのですけど、建物の前にある木で囲まれた空間がテラス席です。

ジミー4

パラソルはありますがところどころ日が当たるので、日焼けが気になる人は帽子とサングラス持参がいいのかも。
私は無防備だったので今日もまた部分的にしみをこしらえたようです。
でも広いテラスは気持ちがいいです。交通量の多い北1条通の車の音がちょっと気になりますが。
ジミー1

こちらはフードやスイートメニューのお味が一押しです。

サンドイッチはソースや具のバランスがとってもいい感じ。
ジミー2

ワッフルのコーナーにあって名前を失念してしまいました。
ワッフルミストだったような。
よくテレビに出てたメニューはどれですかと聞いたら教えてくれたのがこちら。
ジミー3
上のサンドイッチのデザートにこのワッフル一つがつきます。
こちらはお持ち帰りメニューにもなっています。
甘すぎずにいろんな味が楽しめてぺろっと食べれました。

後から夏限定メニューで台湾のかき氷があったことがわかり、それも食べたかったと後悔。

8/25からは秋限定メニューでテラス席で炭火でおせんべいとお団子が焼けるそうなのです。
そんなメニューがあるお店はなかなかなさそう。
機会があれば秋にまた来たいです。

カフェジミー・ブラウン 山の手店

札幌市西区山の手2条12丁目  011-788-6677

テーマ : cafe
ジャンル : グルメ

蕎麦と日本料理「驚」KYO

雑誌で見た見事な日本庭園が印象的だったお蕎麦屋さんへ行ってきました。

KYO4
新しいビルの道路側にお店の表札があって、外から見るとどこにそんな緑があるのかわかりませんでしたけど、店内に入ってびっくり。
天井まである大きな窓いっぱいに絵のような見事な日本庭園です。
小さな滝までありました。
KYO3

店員さんも三角巾をつけた蕎麦屋のおばちゃんみたいな人はおらず、フレンチのお店で席を案内してくれそうなスーツをきたお姉さんがびしっと立っています。
なんとなく周囲を見渡すとお客さんの身なりもいい感じ。

日本庭園フロントのカウンター席に案内されました。

冷たい蕎麦で梅おろし と
KYO2
せいろ(大盛)
KYO1

おいしい更科そばでした。

事前に予約すればコース料理もあります。
個室でゆっくりされていた方たちはこのコースだった模様。

食後にお会計する場所がわからず、伝票をもって食い逃げと誤解されないようきょろきょろしながら入り口に向かうと店員さんが待機していました。
そして壁しかないと思っていた廊下の一部をすーっとずらしたらレジが出現して驚きました。
うちの洗面所の洗濯機置き場に引き戸が付いているように、生活感(?)のあるものは使わないときは隠しているんですね。

あの大きな窓の写真が他のお客さんがいるので上手に撮れず残念に思っていたところ、お店向かいの駐車場の看板にちょうどいい写真があったのでそれを撮ってみました。
こんな感じです。
KYO5

蕎麦と日本料理「驚」KYO

札幌市豊平区月寒西1条8丁目ガーデンヒルズ月寒中央1階

011-826-3636  水曜定休

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

2009道東旅行 その4

道東旅行3泊めは中標津の湯宿だいいちへ。
数年前に一度宿泊したことがあり、すごく良いところだったのでリピートしました。
だいいちはリピーター率が非常に高いらしいです。

だいいち12

ロビーにある囲炉裏です。
チェックインはこちらで。お茶やお菓子がでます。

だいいち11
こちらから宿のそばを流れる川が見えます。

 ↓この写真は食事処のカウンター席からとったもの(故に醤油が)

だいいち6


山女がたまに釣れるそうで釣竿の貸し出しもしています。
この川のそばに山女の生け簀があり、それを狙った天然記念物のしまふくろうが不定期で訪れるそうです。徹夜で見張っても見れるかどうかわからないそうなので、前回同様、最初からあきらめて寝ました。


札幌から遠く離れたここまで来る価値があるのは、やっぱりお風呂がいいからだと思います。
かけ流しの温泉である上に、他にはない味があるお風呂です。
内風呂は内装に始まって椅子や洗面器にいたるまで全部木で出来ています。
露天風呂は川のそばでとても心癒される場所です。

以下、男風呂の写真ですので、女風呂はまた少し違います。

だいいち5


だいいち3

女風呂のミストサウナが温泉の蒸気なので、塩素などを吸い込むこともなくとっても体によさそう。
以前はなかった岩盤浴ができたとのことで、期待していましたが、こちらは温度が低すぎて15分ねばってもちっとも汗がでてきませんでした。3床しかないから早いもの勝ちかと思いきや、人がいないのそのせいかも。
岩盤浴は札幌でも入れるので、滅多にない温泉ミストサウナで汗をかくことにしました。


こちらが↓この宿一番の売りの混浴の露天風呂。

だいいち4

女風呂にも川をみながら入れる湯船はありますが、この混浴の湯船は川に一番近づけるので人気があるようです。
女風呂の露天風呂のほうが高いところにあるので、のぞくとこの混浴風呂が見えます。
前回来た時は女性は誰も入っていなかったように思いますが、今回は続々といきました。
上からみたら女性ばかりの時があったので今だ!とタオルを巻いて降りようとしたら、向こうから男性が歩いているのがみえてあきらめて戻りました。
(誰も喜ばないかとは思いますが)
この混浴風呂に男性がいなくても、男性用の露天風呂からこのお風呂が丸見えなので、混浴の湯船に男性が入っていなくても、男性用の露天の辺りにいれば見えてしまうよう。
バスタオルを巻いたまま入浴している方もいて、更衣室では「バスタオルを巻いて入ってもいいらしい」との噂も耳にしましたが、真偽の程がわからないのでやめておきました。
私もいつか何も気にならなくなる日が来たら入ってみたいと思います。

お部屋です。
リーズナブルなお部屋にしたので、急な階段をあがらなければならないのと、部屋から景色は見えませんがよろしいですかといわれてとったのですが、思った以上に綺麗なお部屋でした。


だいいち1
だいいち2


夕食は「せせらぎ御膳」

だいいち10だいいち9
だいいち8だいいち7



朝食はバイキングです。

夕食も美味しかったですが、個人的には夕食より朝食の方が内容が充実していてよかったです。

こちらのお宿では朝ロビーでゲスト参加の餅つきをします。

なかなか盛り上がっていました。

そのつきたてのお餅をきなこをまぶしたりおしるこにしたりして、朝食でも食べれます。

大福にしてチェックアウトのときにお土産に持たせてくれるので、これ以上食べれないくらい食べた朝食の後の軽い昼食にちょうどよいです。

 

今度いつ来れるかなと後ろ髪ひかれる思いでチェックアウトしました。

 

裏摩周といって摩周湖の有名な展望台とは大きく違う道をまわったところからあがる展望台があるのですが、このお宿からさらに山をあがるといけるのでついでに行って見ました。

さすが霧の摩周湖です。一面の霧で何も見えず。

だいいち13

 

  
 
 




テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

2009道東旅行 その3

キャンプ場をチェックアウトしてからランチの為にチミケップ湖へ。
携帯も通じない秘境の湖畔に一軒だけあるチミケップホテルにてランチするため。

キャンプ場もありまして、私は綺麗な景色を堪能できるので興味ありましたが、前に下見に行ったときに主人はあまりに森が深すぎて嫌だなどとぬかすのであきらめました。
確かに普通に熊が歩いていそうなところです。
(キャンプ場ガイドにも熊マークでてました)
このホテルに泊まる案もありましたが、秘境の絶景を独占するにふさわしいいいお値段だったので断念し、雰囲気だけでもとランチのみにした次第です。


チミケップ3

曇っていて画像ではよくわかりませんが、湖の見える窓側の席に座りました。
テラスに餌場があるのでエゾリスが何度も出没しました。
チミケップ4

パスタセットを注文。
さすがオホーツク海が近いだけあって魚介が美味しかったです。

チミケップ5

チミケップ1

チミケップ2

テレビも電話もないホテルと以前に聞いていましたが、今は韓国資本になってインターネットがお部屋にあるそう。
そういえば韓国ドラマに出てきそうな風景で韓国人観光客にうけるかも。

湖にはチップが湖面から見えるほどうじゃうじゃ泳いでいました。
この湖でカヌーしたら気持ち良さそうです。

チミケップ4







テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

2009道東旅行 その2

網走てんとらんどに2泊なので中日は網走界隈をうろうろ。

キャンプ場近くに北方民族館などの施設が充実しています。
北海道の先住民族にはアイヌ人の他にオホーツク人がいて独自の文化があったということを初めて知りました。

てんとらんどにあがってくる途中に2件ほどログハウス調のカフェがありました。
その1つの風花(ふうか)に入ってみるとケーキショップでした。

風花2

中の品揃えといい小洒落たお店です。
席は外のテラスに2席あるのみ。
私達で満席だったのであぶれたお客さんはパフェを車に運んで中で食べていました。

風花1

オホーツクの牛乳で作ったというプリンいただきました。
素材にこだわっているのがわかるよいお味でした。

Cake&Cafe 風花
網走市呼人121-7   0152-48-2006

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

2009道東旅行 その1 

今年の夏の道内旅行は網走のキャンプ場2泊に養老牛温泉に1泊です。


札幌を朝出て、ちょうどお昼頃は北見を通るだろうということであらかじめ北見のカフェを調べたところ、遊木民族が良さそうということになりました。
雑誌スロウに載っていたお店です。
高台から街を見おろすようなロケーションに建っているお店です。

遊木民族1

ウッディな店内を抜けて
遊木民族5

目的のテラス席へ。
お客さんが多かったので全体写真は撮れませんでしたが大きな窓の前には鬱蒼とした緑があり、遠くに北見の街が見える風景はなかなか気持ちの良いものでした。

こちらのお店はコーヒカップやお皿が手作りの陶器で出てきます。

遊木民族<br />4

遊木民族3
遊木民族2

お盆のせいか大人数の家族連れも多く、席もゆったりしていていいお店なのに9月で閉店になるそうです。すぐ近くに高速道路を造っていて、お店にあがってくる道路がつぶれてしまうからだそうです。
長く続いていたお店のようなのでがっかりしている方がたくさんいるでしょうね。

北見のランチの後はまた網走に向けて出発。
翌朝のためのパンを女満別のにブランジェアンジュて購入。

090813-006.jpg

(大変失礼ながら)地方に天然酵母を使ったこんな素敵なパン屋さんがあるなんてびっくりしました。
このお店なら札幌でも充分通用します。
また食べたいので通販利用しようかなと本気で考えています。

この旅行前、自分の趣味や家事や何やらで忙しくしていた私に代わって主人がしっかり調べていたお店です。(実は遊木民族もそうですが)

こちらが翌日のキャンプ朝食写真です。

090813-008.jpg
(手前のなんちゃってロールキャベツは私の手作りです)

黄色いのがオホーツクパンプキンパン。
いちじくや胡桃の入ったパンも全部美味しかったです。

牛乳、小麦などの材料はほとんどオホーツク地方のものを使っているそうです。
そういわれるとものすごく体によいものを摂取しているような気になります。
札幌からはるばるオホーツクまできた甲斐がありました。

夫婦2人でキャンプなんて行って一体何が楽しいのか?と良く訊かれます。
夜は確かに夕食後は会話もなく、私はランタンの明かりでひたすら本を読むし、主人は黙々とお酒を飲んで早々に寝るだけなんですが、朝の空気はとっても気持ちがいいし、洗濯掃除とやるべき家事がたくさんの状態から離れて、食事だけをのんびり作ってられるのも気分転換になってよいし、景色のいいところで自然を満喫し綺麗な風景をみながら食事できるのもよいし、なんか面白くて毎年必ず行っています。
なので行くキャンプ場はロケーション重視です。
今回なぜ札幌からあんなにも遠い網走でキャンプかというと、行ったことのないキャンプ場の中で、清潔度、ロケーション度などで(キャンプガイドの本で確認します)なんとなく網走のてんとらんどというキャンプ場が整備が行き届いていて良さそうだったから。
遠くにオホーツク海の見える場所にあるキャンプ場でした。

今回テントを張った場所はこちら。
曇っていますが遠くにオホーツク海が見えます。
青くくっきり見えたときに写真を撮っておけばよかったです。
片付け途中に写真を忘れたことを思い出して慌ててとった写真なのでテントが一つですが、いつも食事をするタープテントと寝る為のテントと2つくっつけて張ります。

風花3




テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

スウィートグラス

毎年恒例のブルーべり狩りに由仁町に出かけ、その足で恵庭のスウィートグラスにてランチしました。

恵庭はご存知の方も多いとは思いますが、ガーデニングで有名なところ。
お庭の綺麗なカフェも多く、テラス席の気持ち良さそうなこの季節は行ってみたいお店がたくさんです。

周囲が木だらけで駐車場についてもどこがお店か一瞬迷いました。
入り口は周囲の自然と一体化している印象。
スィートグラス1



こちらのテラス席に座りました。
庭を眺めながらゆっくり食事が出来るというまさに理想どおりのシチュエーションです。
スィートグラス2


他にもたくさんテラス席があります。
スィートグラス7




いただいたパスタ
スィートグラス3

 
オムカレー
スィートグラス4


食事の後庭を散策されている方がたくさんいたので、真似してうろうろしてみました。
思った以上に庭が広くて驚きました。見ごたえ充分のお庭です。
庭師付であんなお庭が自宅にあればいいのにと、宝くじが当たっても無理そうなことを思ってみたり。

スィートグラス5
スウィートグラス8

テラス好きな方には是非おすすめのお店です。


スウィートグラス 

恵庭市盤尻20-1 0123-3662-0418 10月まで無休

櫻珈琲煎房

私のお気に入りのカフェである櫻珈琲煎房藻岩店でランチしてきました。
ここは店内でも雰囲気が良いし、周囲が気にならないような造りなので落ち着くのですが、北海道の短い夏を楽しむために今回はテラス席にしました。
少し改装したようで以前テラス席だった場所がなくなり、別の場所に広いテラスが出来ていました。
パラソルなどはないのですが、木が生い茂っているので自然の日よけになるので、紫外線の脅威を気にすることもなく、とても居心地が良いです。


丁度あいていたので緑を見ながら食事のできるこの席を確保。
櫻珈琲0908-1

テラス側から見たお店。
櫻珈琲0908-3

いつも頼むサンドイッチのセットにしました。

こちらがサラダ。
ゴーヤの輪切りの中にはとろっとしたソースが入っていました。
そしてミニトマトはスイーツ風に凍らせてから生クリームが添えられています。
一品一品がなかなか手がこんでいます。
櫻珈琲0908-2

サンドイッチはホットサンドか普通のタイプか選べます。
今回はなんとなくホットサンドにしてみました。
右横についているのがセットのデザートで抹茶のケーキでした。
櫻珈琲0908-4

ずっと居たい気持ちになりましたが、午後2時を過ぎると日が当たるようです。
テラスは昼前に行って席を確保し、2時頃まで楽しむのがよいかもしれません。


櫻珈琲煎房 藻岩店

札幌市南区藻岩下2-4-11   11:00~25:00 
011-583-9349

テーマ : cafe
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

KAO

Author:KAO
天然石とビーズのアクセサリー作り、ガーデニング、食べ歩きが趣味。
アクセサリーのHPはこちらです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleぐるめ探検隊sidetitle
ランキングに参加しています
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
北海道の旅行情報
北海道の旅行情報
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。