スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支笏湖 水の詩

今年5月にオープンしたばかりのしこつ湖鶴雅リゾートスパ水の詩に宿泊してきました。
1年に一度会える仙台のまめともう一人のお友達との旅行でとても心待ちにしていたのですが、前日まで熱がさがらずあきらめかけたものの、なんとか行くことが出来ました。

ウェルカムラウンジで庭を眺めながらウェルカムドリンクをいただいた後、水琴窟の音色が響く回廊を抜けると

水の詩2


鶴雅グループでよくみかける木彫りの置物があって
水の詩8



大きな客室ラウンジ「アペソ」があります。
ここでくつろいでいる方がたくさんいました。

水の詩1

このラウンジを抜けると客室です。
今回は特別に予約していたより広い部屋にしていただけました。
ちょと写真曲がってますけど、玄関に入ってから部屋に入るまでこんなに廊下が長かったので、嬉しくて撮ってしまいました。

水の詩14

窓際にはマッサージチェアーが。

水の詩10

部屋とは別に書斎がありその奥にはお茶室が。
お作法は忘れましたが抹茶でもたててみようかと思ったら、抹茶などは持参しないとだめなよう。
途中で高熱がぶり返したら2人に迷惑をかけないよう布団をこちらの別室に持ってきて寝込もうと安心したものの、結局このお部屋は使うことなくすみました。

水の詩12
水の詩13

今回は朝夕ともにバイキングプラン。

早い時間に夕食にしたので比較的すいている瞬間に撮りました。
バイキングといってもどこか洗練されています。

水の詩4

今改めてみるとやっぱり普段より相当小食な上品な盛り方。
水の詩5
野菜のお味がとても良かったです。これは本州からのお客さんが喜びそう。

夕食のメインをお肉かお魚をあらかじめ選びます。
支笏湖といえばやはりチップ(姫鱒)なのと、しばらくおかゆとうどんしか食べていなかったのでお魚料理にしました。
一匹まるごとなので結構なボリュームです。
水の詩6

食べれないといいつつ、デザートはしっかり。
一番のお薦めはロールケーキ。
水の詩7


朝食は時間帯によっては混みます。
なんだかよくわからない写真ですが。
水の詩9

夕食の時もそうでしたが、ジュースバーのジュースが野菜や果物をそのまま使ったような体に良さそうなものがたくさんでお薦めです。



お風呂は新しくて綺麗なんですが、私の好きな源泉100%でないことがちょっと残念。
でもシャンプー類が3種類ほど選び放題なのがうれしいし、ちょっと珍しいアロマミストサウナもあるし、
源泉100%にありがちな鄙びた宿にはない良さがたくさんありました。
お風呂上りの洗面台スペースもゆったりしていて高級感が漂っていました。

大浴場の他に中庭に足湯があります。
支笏湖からの風を感じながらここでゆっくりおしゃべりするのも至福のひとときです。

水の詩3


キャンセルするかどうかの瀬戸際でなんとか行けただけ本当にありがいことだったのですが、本調子ではなかったので長風呂も出来ず、普段ほど食べれず、トークも遠慮がちだったことがひたすら心残りです。
支笏湖は千歳空港からのアクセスもよいしということで来年もリピートしそうな模様です。


スポンサーサイト

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

すっかり更新をさぼってしまい申し訳ありません。
6月後半に39度超の高熱が続き1週間程寝込んだところ、色々なことが滞りまして、ついついブログが後回しになってしまった次第です。
インフルエンザを疑って保健所に電話してみたりもしましたが、結局ただの風邪だったようです。
長引いたのは途中、どうしても休めない仕事があり無理したのが原因のよう。
そんな訳で1ヶ月以上もたった今頃6月11日の記事を書いています。

以前に夜に行ったことのある伏見の『輝』に初ランチに行ってきました。
(そのときの記事はこちら
記念に残しておかなければとほとんど薄れた記憶を辿っています。

掘りごたつの席に座りゆったりくつろぐことが出来ました。
私が選んだのは水無月の利休べんとう。

なんだか写真が悪いですが、お重のような入れ物で運ばれてきて昼から贅沢気分。
小鉢・口取・お造り・煮物・御椀・御飯です。
少量ずつ色々なものがいただけるがいいですね。

利休べんとう1

コースの〆の甘味・フルーツあんみつ
利休べんとう2


送迎をしていただいたchikaさんありがとうございました。
おしゃべりも楽しかったです。また是非ご一緒しましょう。


テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

カフェ自休自足

お世話になっているある方のお仲間に混ぜていただきCAFE自休自足にランチに行ってきました。
12時に着いたときには既にカウンター席のみあいているという混雑ぶり。
4人でずらっと横に並んでのランチです。

パスタ、カレー、ご飯ものなどを石焼ビビンバで使うような石鍋で出してくれるメニューでした。
スープ、サラダ、メインの石鍋のお料理、飲み物のセットです。

じゃこと梅のトッピングされたおこげご飯を選びました。


おこげご飯は最初そのままおこげの香ばしさを楽しみ、途中から櫃まぶしのようにスープをかけて違ったお味を楽しみます。
自休自足1

最初にサラダと一緒に出てきたスープを後から使うということで取っておくべきではなかったかと、途中問題になりましたが、おこげと一緒にかけるためのスープが出てきました。

自休自足2

こちらのお店のコーヒーは森彦のもの。
濃くて私の好きなお味です。

お世話になっているM様、遠いところ連れていってくださってありがとうございました。


cafe自休自足

札幌市北区新琴似3条7丁目1-21     011-764-4224

月~木  11:00~17:00  金・土 11:00~21:00  日・祝休





テーマ : cafe
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

KAO

Author:KAO
天然石とビーズのアクセサリー作り、ガーデニング、食べ歩きが趣味。
アクセサリーのHPはこちらです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleぐるめ探検隊sidetitle
ランキングに参加しています
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
北海道の旅行情報
北海道の旅行情報
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。