スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MARU:NI

比較的新しいお店で南円山にあるマルニにてランチです。
お店の間口は小さくて気をつけてないと見過ごすしそうなお店です。
地下と1階はワインショップ、2階がレストラン、3階は個室で構成されています。


マルニ4


駐車場がちょっとわかりづらいのですが、1階のスタッフの方が寒い中外に出てきて誘導してくれました。

2階の店内は1階の広さから想像していたよりも広く、こんなにお客さんがいたの?という印象。

ランチコースは1800円、2500円、あと予約が必要な3800円の3コース。

1800円ランチをいただきました。

舌の肥えた方のおすすめのお店だけあって、お料理の味付けが繊細です。
パンも美味しく、バターの代わりにツナのパテのようなものが添えられていました。

マルニ1

マルニ2

マルニ3

これにコーヒーとデザートがつきます。

このお味なら夜も期待できそう。
今度はワインと共にディナーをいただきたいです。

1階と地下のワインセラーも充実してます。

MARU:NI 
札幌市中央区南5条西24丁目3-16  011-530-0202 火曜定休
スポンサーサイト

テーマ : 北海道~美味しい物~
ジャンル : グルメ

梅の花

梅の花にて夕食です。
お豆腐料理のお店です。
平日のランチタイムに行くと習い事の帰り風のグループやお買い物に来たマダム達などでいつも混んでいます。 並ばずに入れたことはないかもしれません。
何度か利用したことがありますがいつも広い空間に通されます。
お手洗いに行く途中に個室を横目に見ながら興味津々だったので、今回は個室で予約してみることに。
(因みにこちらのお手洗いはトイレットペーパーまで梅の花がプリントされ、高級感あふれる内装。
私は毎回立ち寄ります。)
個室は夜のメニューで一番安い3600円のコースの予約では個室は利用できないとのこと。
3600円で充分だったのに「じゃあいいです」といえない小心者なので、仕方なく奮発して「しあわせ膳」をいただきました。


梅の花1
右: おから生野菜添え
左: 茶碗蒸し


梅の花3
手桶湯葉


梅の花4
湯葉豆腐とたぐり湯葉のお造り と湯葉の小袖寿司


梅の花6
ふく福豆冨 2色あんかけ
部屋に入ってから豆乳をテーブルにセットして温めてくれて出来立てのお豆腐をいただきます。


梅の花7
豆腐の溶岩焼き



梅の花9
海老真丈の湯葉包み揚げ


梅の花9
湯葉吸い物 飯物 香の物



梅の花10
デザート




上げ膳据え膳で本当にしあわせでした。
豆腐は太らないからおなかいっぱい食べても大丈夫♪と勝手に勘違いしてましたけど、総カロリー表示をみると1000kcalを超えていました。
豆腐でこうならフレンチのフルコースを食べ、最後のデザートも意地で食べ、その後のお茶菓子のチョコレートは義務で食べてるあの総カロリーは一体どんなことになっているのでしょう。

こちらのお店はお持ち帰りも充実しています。
ちなみに私は豆腐しゅうまいがお気に入りです。




梅の花
札幌市中央区南一条西1丁目5-6-7 札幌シャンテ4F
011-207-7317

テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

イーアス札幌内  Bell Nagomi-Natulure

昨年11月に東札幌にオープンしたイーアス札幌に行ってきました。

さすがに2ヶ月たつと混雑もなく落ち着いた様子。
私はAタウン1階のナゴミゾーンが日射しが明るく好きな感じでした。
数年前に小樽の朝里まで食べに行ったベーグルの「麦の輪」なども入っていたり、製菓材料のお店も広くて品揃えが充実しています。
今回は歩き疲れたのでゆっくりしようと席がオープンではなく壁で囲われたBell nagomi-NATULUREにてお茶してきました。

落ち着いたピンクか紫を使ったような(記憶がさだかではありませんが)内装で落ち着く色合いでした。

こちらのお店はハーブティーのメニューが充実していて、それぞれの効能も細かく紹介されています。
そして香りもお味もよいハーブティーがかわいいカップと共にポットで出てきます。

NATULURE1

NATULURE2

気に入れば併設されたショップで購入も出来ます。

プラス100円でケーキセットに出来ます。
ハチミツケーキをつけました。
ケーキセットでないほうは紫芋のクッキーのような一口サイズのおまけがついてきます。

ハーブティー好きの方におすすめカフェです。

テーマ : お店紹介
ジャンル : グルメ

CAFE BLANC (カフェ ブラン)

今年元旦にオープンしたCAFE BLANCに行ってきました。
以前シエルという古民家を利用したお店だったのですが、いつの間にか壁が真っ白に塗られて今風のCAFEに変身していたのでこれは一度入らねばと思っていたのです。

カフェブラン4


店名の通り外観から内装の壁、床、家具に至るまで何もかも真っ白。
なのでちょっと色があるとすごく引き立ちます。
入り口においてあったきれいな色のお菓子が気になりつつ、2階禁煙席へ。
広いのにカウンターしかない空間にびっくりしてから、テーブルの天板をみてまたびっくり。
廃材を利用したのか、ああいうデザインなのか、天板がでこぼこしてます。
斬新でおもしろいのですが、きっと書き物をするのは無理でしょう。

カフェブラン3


フレンチを注文すると今流行りの生キャラメルがついてきました。
コーヒーカップもやっぱり白でした。
コーヒーはとっても私好みのお味。
ブレンドコーヒーを飲むとそのお店のコーヒーへのこだわりがわかりますよね。

<2階席>
カフェブラン2
カフェブラン1


そして帰り際まんまと入り口で売っていたお菓子を買ってしまいました。
白とピンクの2色のお菓子はギモーブというマシュマロのようなお菓子でした。
白が柚子味でピンクが木苺。
美味しそうというのもあったんですけどあの見せ方にやられました。

カフェブラン5

またお気に入りのCAFEが増えました。

CAFE BLANC 

札幌市中央区南19条西15丁目5-10 011-511-6501
AM10:00~PM10:00 

テーマ : コーヒー
ジャンル : グルメ

侍プリン

ずーっと気になっていたマルキタプリン本舗の侍プリン。やっと本日購入しました♪

テレビで紹介される度にチェックしていた侍プリン。
北区にそれだけ買いに出かけるのも大変なので、何かのついでのときにと今に至りましたが、たまたま歩いていたらすすきの交番の並びにお店が出来ているではありませんか。
営業時間は夕方5時からということで、ロビンソンの閉店売り尽くしセールを見て晩御飯を食べてから戻って買いました。
プリン1個が480円・・・少々お高いような気がしますが、北海道の厳選素材にこだわり砂川市の低温殺菌牛乳を使い、下川町と伊達市の契約農家の新鮮卵を使っているというのでコストがかかるのでしょう。
そしてなんと言っても量が多いです。
大きさがわかるようにビール350cc缶と並べて写真を撮ってみました。

侍プリン

ショップカードによると

 3口目までカスタード生地を楽しみ、5口以降は「ほろ苦カラメル」をソースにして楽しみ、2口ほど残した時点で冷えた牛乳を半分ほど注いでよくかき混ぜて飲む

とのこと。
カスタードは上質な材料を使っているのがわかる美味しさですが、このまま食べ続けると飽きるかなという頃、ほろ苦いカラメルと混ぜると突然味がしまって何事もなかったように食べ続けられるという感じでした。
そして2口残すのを忘れて、ビンの底に飴のようにかたまったカラメルをみてから「あ、牛乳・・」と思い出しまして正統派侍流プリン術による食べ方に失敗してしまった次第です。

こちらのビンは次回購入時に返却すれば50円引きになるとのこと。

(現金のみの返金はしないそうです)

 

 

ということでまた日を改めてチャレンジしなくては。

 

ちょっとした手土産なんかにも喜ばれそうです。

 

マルキタプリン本舗

すすきの店

札幌市中央区南4条西3丁目第3グリーンビル1階 011-520-2082 

17:00~3:00 不定休 なくなり次第終了

 

 

テーマ : 北海道~美味しい物~
ジャンル : グルメ

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。

2009お正月2




近頃の高級なお節料理を見ると高いけどこれで楽が出来るなら・・・と思うのを我慢して年末大忙しでお節料理の一部を作りました。
12月中に「年末の慌しさを回避するため冷凍できるものはみんな作り置き」を目指したのですが、どうも追い込まれないと本領を発揮できない元来の性格のせいで作っておいたのは生酢のみ。でも忙しくなるとこの一品がありがたかったです。

私の実家の母はお正月のお節は毎年全品手作りでした。
育った環境というものは大きく、私はお節を食べないとお正月が来た気がしないのです。
なら同じように全品手作りできるかというとそこまでの気力はないのですが。
一方主人は義父の兄弟とその家族で何十人単位で集まるお正月で育ち、凝ったお料理など出せるはずもない環境で生きてきました。今はそこまでの大人数ではないのですが特にお正月料理を食べるという習慣は無いようです。忙しいから作れないのかと思い、黒豆を大量に煮て持っていったこともありましたが、そもそも食べる必要を感じてない家に場違いなものを持参してしまったせいで微妙な空気が流れたこともありました。家の習慣はどこも違うものですよね。
元旦は必ず市内の主人の実家に行くので、私が元旦にお節を食べたいというささやかな抵抗の為、朝食に食べるわけです。


2009お正月1




煮しめはお正月だけは別々の出汁で煮ます。
時間がないっていうのに、人参とレンコンは飾り切りなどしてみました。
あとは黒豆、生酢、栗きんとんが手作り。昆布巻きとにしんは出来ているもので済ませました。
これにお雑煮を食べました。
昨夜の年越しそばも消化しきってないところに朝から食べすぎです。

テーマ : 謹賀新年
ジャンル : 日記

sidetitleプロフィールsidetitle

KAO

Author:KAO
天然石とビーズのアクセサリー作り、ガーデニング、食べ歩きが趣味。
アクセサリーのHPはこちらです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleぐるめ探検隊sidetitle
ランキングに参加しています
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
北海道の旅行情報
北海道の旅行情報
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。