スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルタオチーズケーキラボ

先日テレビでみた限定ロールケーキが食べたくて、はるばる小樽のルタオチーズケーキラボへ行ってきました。
札幌のルタオでは食べられないドゥフロマージュロールという、芯にドューブルフロマージュがはいったロールケーキが唯一食べられるのカフェなのです。
もともと小樽のルタオのあったお店の道路をはさんで向かい側にオープンしたドューブルフロマージュなどのチーズケーキ専門のお店です。
ルタオチーズケーキラボ3


他にも小樽で用があってカフェについたのは4時半頃。
既に私の目的のドゥフロマージュロールは売り切れでした263
実演コーナーでロールケーキを作り続けているようだったので食い下がりましたが(おばさん発揮です)、断られました。
ちなみにこのドゥフロマージュロールは1本1680円カットが336円になります。
持ち帰りのロールケーキの賞味期限は2,3時間中になりますと言われました。寄り道せずに札幌に帰りすぐに食べないとならないってことですね。

せっかく来たのでもう一つテレビで紹介されていたブランドューブルという季節限定のりんごの風味のケーキをいただきました。主人はショコラドューブルを。

ルタオチーズケーキラボ1
ルタオチーズケーキラボ2

紙コップと紙皿、使い捨てフォークなのがちょっと残念な気もしますけど、ケーキセット630円ならスタバ価格ですし、セルフサービスのお店なのでそういうものなのでしょう。


ルタオチーズケーキラボ
小樽市堺町6-13  0134-31-5580
スポンサーサイト

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

ロイトン札幌のランチバイキング「畑のごちそう」

3日前にJRタワーのビュッフェに行ったばかりなのに、再びランチバイキングに行ってきました。

今年9月に始まったロイトン札幌1Fのカフェトリアノンでランチタイムのみやっている自然食にこだわったバイキングです。

11時30分過ぎに到着したときには間違ったかとあせるほどがらがらでしたが、それから15分もしたらぞろぞろと人が増えてきて、あっという間にほぼ満席になりました。

ロイトンは街中で立地条件もよく、飲み物もコーヒー・紅茶やお茶が数種類と豊富なのに、お値段1500円とリーズナブルです。
道内産の野菜を使うとコストもかかるでしょうに、採算は合うのかと余計な心配をしたくなるような内容でした。

このバイキングの良いところの一つがお皿です。
バイキングは少しずつたくさん盛り付けたいけれど、普通は平皿に味が混ざらないように考えながら盛り付けますが、この仕切りつきのお皿はとっても便利。
写真は少ないですが、洋食メニューが一番種類は揃ってます。
いつもこのコーナーが長蛇の列でした。
畑のごちそう3

天ぷらはその場で揚げてくれます。
抹茶塩、梅塩、普通のお塩と3種類揃ってます。
畑のごちそう9


和食コーナーには豆乳の味がしっかりとする手作り豆腐、豆乳の茶碗蒸し、うどんなども。
畑のごちそう5

煮物なども充実してます。
畑のごちそう6

炊き込みご飯や、赤味噌のお味噌汁、お漬物、おかゆなど。
畑のごちそう2

デザートはムースやゼリーが多かったです。
畑のごちそう4

畑のごちそう1

行ったばかりなので比較してみると、お値段が高い分JRタワーの方がお料理には凝っていますが、ロイトンは素材とお値段で勝負という印象を受けました。
高齢の方を連れて行くならロイトンのお料理のほうが合うように思います。
それにしてもバイキング続きで私の満腹中枢はすっかりいかれてしまいました。
これから動かなくなる季節なのにどんなことになるのやら・・。









テーマ : 北海道のグルメ
ジャンル : グルメ

JRタワー スカイJのランチビュッフェ

最近よく遊んでいただいているFさんとレディスデーで映画「おくりびと」観てきました。
前回空いていたのでレディスデーをあなどって開演15分前に待ち合わせると、既に隣合わせて座れる席が前から3列目しかなくて、ばらけて座りました。
ああいう鼻水が出そうなくらい泣きそうな映画は隣は知らない人の方がある意味いいんですけど。
とはいえ、これからは人気の映画を観るときは余裕を持って集合しなくては。
映画は面白かったです。
普段考えずに無意識に避けていたことを考えさせられる内容でした。

映画の後のランチはJRタワーのスカイJで35階から札幌の景色を眺めながらのランチビュッフェ。
こちらは大人気でいつも混んでいます。
1週間前に予約の電話を入れたときには既に窓側は埋まっているとのこと。
オンライン予約席は電話では予約を入れないらしく窓側が1席あいていたので、そちらで予約しました。

ここのビュッフェは場所は便利だし、ビュッフェでありがちなこれはちょっと手を抜いたわねというお料理もなく、なんとなくセレブ気分を味わえるし、景色は良いし、お料理の数に対して席数が少ないのでゆったりとお料理をとれるとことがちょっとお値段お高めでも人気のある理由だと思うのです。

いつものことですが女同士で食事に行くとおしゃべりが忙しくて、お料理の写真と記憶がとてもいい加減になるのですが、参考までに少し。


画像が不鮮明で何が何だかわかりませんね。
奥のご飯に黒いスープがかかったものは、イカ墨と黒ゴマのカレーで色は真っ黒でした。
それにきゅうりやトマトをトッピングしていただきます。
お歯黒が心配でしたが大丈夫でした。

スカイJ3

パンも数種類から選べます。
バターの他にオリープオイルに岩塩も用意されています。私はパンが美味しいときはバターで味を誤魔化さなくてもいいのでこちらの方が好きです。
右は子羊のすねの煮込み?だったような・・・。
スカイJ2

プチケーキもたくさん種類があります。
別腹だし、一口ずつだと思うと満腹にもかかわらずぱくぱくと食べてしまいます。

スカイj1


この他にもたくさんメニューがあります。
大食いの私も一度に全種類制覇は無理な感じ。
リピートしたいお店の一つです。

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

11/7のビーズ教室

自宅で不定期でビーズと天然石のアクセサリー教室を行っています。
生徒さんはお好きな作品を選んで来たい時だけ参加するというスタイルなので毎回参加人数がまちまちです。
今回の生徒さんは2名です。

集中して作品を作った後はお茶とお菓子をいただきながらしばしおしゃべりタイムがあります。

先日習ってきたアップルパイを振舞ってみたいという私の自己満足にお二人につきあっていただきました。
ちなみにアップルパイは3度も作ると我ながら腕があがってきまして、一番きれいな形に焼きあがりました。

1107アップルパイ  1107アップルパイ2 


生徒さんからディズニーランドのお土産にかわいい缶に入った紅茶をいただいたので、早速アップルパイと共にいただきました。
私の中ではアップルパイに合うのはコーヒーよりも紅茶なんです。
とってもよい香りの紅茶でした。Tさん、ありがとうございました

今回生徒さんが各々作られた作品の見本画像はこちらです。

スポンジ珊瑚のロングネックレスアメジストのY字ネックレス
スポンジ珊瑚  アメジストのY字 


お二人とも参加してまだ2,3回の方達ですがどんどん上達されていくのがわかり、楽しくレッスンさせていただいています。

 







テーマ : 小さな幸せ
ジャンル : ライフ

登別の天然足湯

登別温泉に行ってきました。

昼頃には到着して、軽い昼食に選んだのは大黒屋の栗おこわまんじゅう。
大黒屋は温泉街にあるお土産屋さん。
こちらの名物としてテレビで紹介されていました。

登別おこわ

夜のバイキングでがっつり食べるためにお昼は軽めです。
名前の通りおまんじゅうの皮の中に栗おこわがはいっています。
甘みと塩分のバランスが絶妙で美味でした。
ちょっと小さいので食事というよりはおやつの量です。

冬に来たときにはまだ出来ていなかった泉源公園。

登別 泉源公園

3時間おきに50分間欠泉が吹き上がるらしいです。
私が行ったときにもぼこぼことお湯がわき湯気がもくもくしていたのですけど、これが吹き上がっている状態なのかどうかは不明。
3時間も待ってられないので、次の目的地の天然足湯に移動。

足湯への入り口には駐車場はありません。
たまたま本日宿泊の石水亭が近かったので、車はそちらに停めさせてもらいました。

天然足湯の場所までは道路から少し山道を歩きます。
スニーカーで行くことをおすすめします。
私は革靴がどろどろになりました

足湯コーナーとして整備されているところは意外に狭く、混んでいたので通過して山道を登り大湯沼まで見てきました。

登別 大湯沼

石水亭のお湯はこちらから引いているらしいです。

大湯沼からあふれた温泉が川になったのが天然足湯です。

登別 天然足湯1

上の写真のすのこのようなところと下の写真の白樺の幹に腰掛けて足をつけるようになっています。
席数が限られるので混むと席がなくなり立って入ることになります。

登別温泉 天然足湯2

大湯沼から戻る頃にはすいていたので、足をつけてみましたが、思ったよりもぬるくて浅い。
自然のものなので足がつけれないほど熱くなることもあれば、ぬるい日もあるそうです。
10分くらいつけていたら雨が降り出したので撤収。
何も温まらないような気がしていましたが、歩くと足が自分のものではないように軽くなっていてびっくりです。


登別温泉 もみじ




テーマ : ちょっと、お出かけ
ジャンル : 地域情報

平岡樹芸センターの紅葉

少し前の北海道新聞に真っ赤に色づいた紅葉の写真が紹介されていました。
北海道の紅葉は黄色になるところが多いような印象がありましたが、こんなところが札幌市内にもあるのを初めて知りました。

行ってきたのは清田区の平岡樹芸センター

駐車場が狭いと書いてありましたが、午前中に行ったので待つことなく駐車できました。
不安定な天気が続いていましたが、見事な秋晴れ。

園内を順路にそって歩くと新聞に出ていた写真と同じもみじのトンネル発見です。

平岡樹芸1


葉の先の細くて繊細なベニシダレモミジという種類も。

平岡樹芸2

青空に映えて綺麗でした。

平岡樹芸5

センニンソウという花の綿毛ともみじ。

平岡樹芸4

もみじの種類は8種類で700~800本も植えられているそうです。

園内には綺麗に手入れされたヨーロッパの庭園のようなところもあります。

平岡樹芸6

そして日本庭園も。池には鯉が泳いでました。

平岡樹芸7


八重桜の木が両側にびっしりある通りがあったので、春はまた見事なことでしょう。

こちらは例年11月3日までの営業ですが、今年は6日まで開けていたそうです。
今頃紹介してももう今年は閉園してしまいましたがお薦めです!
こんなに手入れされているのに入場は無料です。


平岡樹芸センター

札幌市清田区平岡4条3丁目  011-883-2891


平岡樹芸3


テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

餃子の隠れ家

中の島まで遠征して餃子の隠れ家にて晩御飯。

ネットで下調べした通り6時半にはほぼ満席になりました。

 
クーポンを使うと料理7品に2時間飲み放題つきで2980円。
料理は単品でも頼めますがコースがお得だし、料理を頼まなくても元をとれるほど飲む人が一緒だったので。

餃子好きの主人が前から行きたいと訴え続けていたのでお付き合い、のつもりが本当に美味しいお店でした。

餃子はたれをつけなくても下味がついていて、噛むと肉汁が。

3種類の餃子はそれぞれに調理法の良さがいかされていて、それぞれに合わせた皮が使われていました。

 サラダと一品料理とご飯ものは数種類から選べます。

 

 中道にひっそりとあるまさに隠れ家  

 1品目 大根サラダ

 餃子の隠れ家1  餃子の隠れ家2
 見事にぱりぱりの羽のついた焼餃子 こちらは水餃子
 餃子の隠れ家3  餃子の隠れ家4
 蒸し餃子 一品料理 ゴーヤ回鍋肉
 餃子の隠れ家5  餃子の隠れ家6
  
  
  
  

この後卵炒飯がきて柚子シャーベットのデザートで締めです。

あのふわふわ炒飯はなかなか家庭では食べられません。

常に満席状態なのがうなずけるリーズナブルで美味しいお店でした。



餃子の隠れ家
(「かくれが」と読んでましたが「かくれや」が正解らしい)

札幌市豊平区中の島1条2-3-15
 
011-841-1050

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

KAO

Author:KAO
天然石とビーズのアクセサリー作り、ガーデニング、食べ歩きが趣味。
アクセサリーのHPはこちらです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleぐるめ探検隊sidetitle
ランキングに参加しています
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
北海道の旅行情報
北海道の旅行情報
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。