スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャルダン・ドゥ・ボヌール


小・高・大と一緒の友人で現在近所に住むM子とランチしてきました。(私の友人Mのつく人多いです)
お店は近所のJardin de bonheur
なかなか行く機会はないですが地味にリピーターです。
建物貸切のお庭のある結婚式場で、とっても豪華な造り。
結婚式の時は控え室の場所(私が出たときだけかも)が平日はレストラン会場となります。

いただいたのは中で一番お安いランチコース2640円です。
お料理が3品でてきます。

ジャルダン・ドゥ・ボヌール1
ジャルダン・ドゥ・ボヌール4
  
ジャルダン・ドゥ・ボヌール2  




普通の女性ならこれで満足かと思いますが、大食いの私には正直満腹にはなりません。
それでもリピーターとなるのはデザートバイキングがあるから。

ジャルダン・ドゥ・ボヌール3

お食事が終わるとこれだけの種類のデザートと写真に写りきっていないアイスクリームなどをがらがらとワゴンで運んできてくれお好きなものをお好きなだけ選ばせてくれるのです。

いつだったか「全部ください」って言ったこともありましたが今日はこれだけにしておきました。

ジャルダン・ドゥ・ボヌール5
まだ余力がありました。もっと頼めばよかったです。

大体ケーキ食べ放題のお店など、私は質より量で勝負しているように感じるところが多いのですが、ここのデザートはどれをとってもおいしくてはずれがないのです。マカロン一つとっても名の通ったケーキ屋さんの味と遜色ないんです。

数年前は席で粘るとコーヒーをカップごと交換してくれて、おいしいコーヒーまで飲み放題でしたがさすがにそれはなくなったようです。

風が冷たいので今回は遠慮しましたが、お食事の後デザートだけベランダにでて外でいただけるそうなのです。

気持ちのよい天気の日は最高ですね。

是非ともまた行きたいお店です。

Jardin de Bonheur (ジャルダン・ドゥ・ボヌール)

札幌市中央区双子山4丁目  Tel : 011-530-0877 

レストラン営業は月、火、木、金のみです。  

 

スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

cafe Dolphin

東区に住む義妹と6ヶ月の姪っ子との3人でドルフィンにてランチしてきました。

このお店は私の学生時代の友人が脱OLして、彼女のお母様が1967年から続けてきたカフェを引き継いでやっているお店です。前は札幌駅の北口にありましたが数年前に今の場所に移転し、友人が継いだときに一部改装して今のお店になりました。
以前、数年間私のビーズアクセサリーをおいてもらっていました。
彼女が東京で買い付けてきた雑貨なども販売されてます。

テーブル席、カウンター席、ソファ席といろいろな席がありますが、一番人気は小上がりの席のようです。
小さな子供たちもつれて来易いように彼女が考えた席なのですが、赤ちゃん連れに限らずいろんな世代のお客さんに気に入られているようでいつ行っても誰か座ってます。
姪っ子がまだ赤ちゃんなので、2日前にその席を予約してみましたが、既に予約が入っているとのこと。
ベビーカーが置ければ大丈夫と義妹がいうのでソファ席にてランチです。

今日のランチです。
ランチメニューは3種類から選べます。

                    ドルフィン ランチ


ポークなんとかというお肉料理とタラモサラダ、野菜サラダ、ご飯、お味噌汁、コーヒーがついて800円前後のお値段です。

友人が全て手作りしているデザートもいただきました。
定番デザートの他に月ごとの限定メニューがあります。
5月限定の「おあじ色々ロールケーキ」 500円を注文しました。
米粉のもちっとした生地で黒ゴマ、抹茶、苺ミルクのアイスクリーム、またはチーズクリームをサンドしているロールケーキで、この中から2つの味を選びます。
                    ドルフィン デザート


かなり長居してきました。

Cafe Dolphin
札幌市東区北14条西4丁目アンジェリークコア1階   駐車場有り
011-743-5239   日曜休


テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

小金湯温泉

定山渓温泉の少し手前の小金湯温泉に行ってきました。
小金湯温泉は2軒ほどの温泉施設がありますが、今年3月にオープンした湯元 小金湯の方です。
日帰入浴料は900円。タオルと浴衣がついています。浴衣は女性にうれしい4種類の中から好きなものを選べるというもの。
オープンからそんなにたっていないし土曜なのに意外にすいていました。
源泉掛け流しが好きな私には循環ろ過のお湯はちょっと物足りないですけど、施設の新しさでそれもカバーできます。
ジャグジーや薬湯もありましたし、外の露天風呂は山の中だけあって空気がおいしいです。
何より気に入ったのはミストサウナ。
このミストサウナは漢方のミストが出てくる上に座面にブラックシリカがしかれていて岩盤浴もできてしまいます。そしてその座面には常に上からお湯が流れつづけているのですが、そのお湯が溜まっているところをみるとブラックシリカの原石がごろごろと並んでました。
このミストサウナと水風呂と「露天風呂に足だけつかって涼む」を繰り返し、気づけば1時間半も入浴していました。

あがってからは食事何処で晩御飯。
一日30食限定の旬彩美膳1580円をいただきました。

        小金湯温泉


携帯画像なのでおいしそうに見えないですけど、豪華な盛り付けでした。
手前右はお蕎麦。
このお店のお蕎麦は中の製麺所で作っているらしく(蕎麦アレルギーの方への注意書がありました)コシがあっておいしいです。
ミニデザートもついてます。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : ライフ

できるだけ自然食カフェ G-cafe

2008年版札幌cafe本にてチェックしていた清田のできるだけ自然食カフェ G-cafeに行ってきました。
cafe本の写真によるとここのテラス席がすごくいい感じだったのです。

いつの間にできたのでしょう。清田の中道の住宅街の中にぽつんとありました。

          G-cafe  1


お店に入るとたくさんの雑貨が並んでいて驚きました。
こだわりの食品、観葉植物、リネン、台所小物からありとあらゆるものが売られています。
そこを抜けるとお食事の席があり、掃きだし窓から外の席へでられます。
目的のテラス席をお願いすると、クッションをセッティングしてくれます。
外に置きっぱなしのクッションに座るのはちと勇気がいるので、その都度出してくれるのはうれしいです。

テラス席はお店の前にもありますが私たちが座った奥の席はこんな感じ。

               G-cafe  3
0805-17-2
 


敷地のすぐ隣はうっそうとした緑。



有機野菜などの素材にこだわたというGカレー(ちょこっと豆腐付)と野菜がたっぷりサンドされたベーグルのセットを注文。どちらもよいお味でした。

G-cafe4
G-cafe  5



食後の飲み物は半額になるものとならないものが。
半額になるラベンダーアールグレイティーを注文。

            G-cafe6



テラス席に座っていると大きなワンちゃんが遊びに来ました。
食べ物を見てせつなそうな目をします。
つい何か食べさせたくなりますが、よそのワンコに許可なく食べ物は与えてはいけないし、そのコも癖になって、ワンコに食べさせてはいけないものを知らない方から何かもらったりしても大変なので、心を鬼にして無視です。

ちょうど良い気温で気持ちの良いランチでした。

それにしてもこの「できるだけ自然食」という謙虚なネーミングはどうしてなんでしょう?


できるだけ自然食カフェ G-cafe

札幌市清田区清田2-1-1-20   011-885-7570

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

リストランテ・テルツィーナ

本日は結婚記念日なので奮発してリストランテ・テルツィーナにてお食事です。

札幌のグルメ雑誌などにはよく掲載されているお高いイメージのレストランです。
前に藻岩のロープウェーの近くにあったテルツィーナはファクトリーに移転になったのですよね。
あちらよりフォーマルな感じでしょうか。

お店の雰囲気は照明も暗めでいい感じです。
落ち着いて食事のできる雰囲気でした。


本日のコースの内容はこちら

   國稀鬼ころしのソルベ、ライム、シオ

   ハマグリとタケノコのゼリー寄せ

   春キャベツとドライトマト

   ブロッコリーのおひたしと桜マスのマリネ 青リンゴとキャビア

   蒸した穴子のパン粉焼き 苺とセロリのサラダ ソースアグロドルチェ

   仔羊トリッパの少し辛いトマト煮込みソースパイアータ ミントの香り キタッラ

   イベリコ豚ロースのアロースト クレソンと春野菜とクルミ、苦味とのマリアージュ

   ライチのグラニータとヨーグルトのムース 黒糖のソース

   根セロリとバニラのスープ ビターチョコレートのムースとハチミツのセミフレッド

   コーヒー



結婚記念日も6回目となると会話がはずむわけでもなく、おかげで写真に集中できます。
友人と一緒だと話が忙しくて、ついうっかり撮影前に食べてしまったり、気を抜くと何を食べたかもわからないような状態になるもので、主人と一緒はレポートには丁度よいかも。
白いお皿にのった白っぽい春キャベツなどのお料理はカメラを通しても真っ白なので、写真栄えしそうなものだけ撮影してきました。


蒸した穴子のパン粉焼き子羊トリッパの~ キタッラ(←パスタのことらしい)
テルツィーナ1
テルツィーナ2
イベリコ豚~お茶菓子のチョコレート
テル
テルツィーナ4



最後のチョコレートはメニューには載っていないのですが、よくフレンチなどでデザートの後にコーヒーと一緒にこれでもかと焼き菓子なんかがでてくるあんな感じです。

これはお好きなものをお好きなだけ選んでということでしたが、おなか一杯にもかかわらず全種類いただきました。

右上からチョコレート、ゴマ、カレー

ピスタチオ、抹茶、味噌、

トマト、ストロベリー です。

チョコレート以外は全てホワイトチョコレートに風味をつけたというもの。味を確認しながらいただくのがおもしろかったです。


リストランテ・テルツィーナ

札幌市中央区南2条西1丁目アスカビル2階  Tel. 011・242・0808

テーマ : 北海道~美味しい物~
ジャンル : グルメ

cafe agog  ~カフェ アガグ~

カフェ・アガグにてランチです。
野菜がたくさん食べらるというカフェで、内装もお洒落、ワンちゃん連れの人専用の席もあるという前から気になっていたカフェです。

近代美術館の近くでちょっとわかりづらいところにあります。
お店の前のさりげないガーデニングが私好みです。
アガグ ガーデニング


カフェアガグ


全ての席にひざかけが用意されています。冷え性の私にはうれしいサービスです。

窓のあるテラス席もありますが今回通されたのは奥の席です。

アガグ1


注文したのは「たっぶり野菜20品目サラダランチ(自家製パン・スープ・デザート・ドリンク付)1150円です。
どんぶり一杯に様々な野菜が。
家庭でインゲン1本、オクラも1本、アスパラ1本、紫キャベツひとかけ・・とちょっとずつ20種類の野菜を一度に食べるのはちょっと不可能なので、このサラダはうれしいです。
パンもふわふわです。
人参のスープはもろっとした食感がありここでも野菜が摂取できます。
デザートのココナツのパンナコッタはココナツの甘みと上にのったフルーツの酸味でいい感じです。
うんとおなかがすいているときにはちょっと物足りないかもしれませんが、他にもワンプレート玄米ランチなどのメニューがあります。
火曜限定の「スチーム野菜のカレーランチ」気になります。
 

  
アガグ2
アガグ3

 
アガグ4 
  
  


このお店のHPでは連れてきてもらったワンちゃん達の写真がお名前と共にアップしてありました。
私も実家のワンコを連れて行ってあそこに写真をアップしてもらいたい!でもうちの子はドッグカフェ嫌いなのでだめですね。私と同じくワンコを溺愛している友人に声かけてみようかな。

cafe agog カフェアガグ

札幌市中央区北3条西17丁目2-1  211-8333  水曜定休

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

函館最終日 きくよ食堂&五稜郭公園

朝食兼昼食を食べに函館朝市に。

函館は何度も来たけど朝市に来たのは約20年ぶり。月日の流れるのは早いな~。
前に南茅部(函館近郊の町です)産の昆布を使ったらとっても良いおだしがでたので、ぜひとも買うぞといろんなお店を見てまわりました。
朝市のおじさんたちに「お姉さん」と呼ばれて、一瞬良い気分になりましたが私の前を歩いていた明らかにお姉さんではない人にも「お姉さん」と声を掛けていたので現実を思い知り、売り込みに負けるものかと固く決意。
北海道の昆布は日高昆布と利尻昆布が有名だと思ってたら、南茅部が一番品質が良いのですね。道理でよいだしが出たわけです。
たまたま行き着いた函館マルヨというお店は他のお店のように売り込みもしてこないで黙ってみせてくれると思ったら、他店に比べて同じ商品が激安でした。
ここで「社長の塩辛」や昆布を購入。

最近テレビで小島よしおや里田まいがそれぞれ別の番組で来ていた自動さきいか削り機の実演をしてくれるお店でさきいかを購入。
削りたての暖かくてふわふわのさきいかを試食させてくれます。
自然な甘みと出来立ての食感でここでしか食べれないお味でした。
小島よしおの写真に立ち止まる人が多いので宣伝効果大ですね。

朝市では海鮮のどんぶりを食べようといろんなお店を見てまわりましたが、あまりの数の多さに何が何だかわからなくなり、結局有名な「きくよ食堂」にて、巴丼をいただきました。

 
函館朝市
きくよ食堂



            巴丼とはいくら・ほたて・うにのどんぶりです

 

そして新しくなった五稜郭タワーに昇る為に五稜郭公園へ。

 

 



やはり桜はほとんどが葉桜でした。
札幌では見ることのできない見事な桜なので残念です。
とりあえず新しくなった五稜郭タワーの展望台に行ってみました。
前のタワーよりも47mも高くなったらしいですが、前のタワーからの景色の記憶がないので比較できず。五島軒や和食屋さんのレストランが入ってお洒落になってました。
2階のカフェ107はちょうど桜の花の高さと同じ目線になるようになっているのでここで満開の時にお茶したらすばらしいと思います。きっとそのときは満席なのでしょうが。
気分だけでもということで目の前の葉桜を愛でながら桜アイスをいただきました。



五稜郭 アイス
葉桜

                                    ↑2階カフェの窓から撮影です

テーマ : 北海道旅行
ジャンル : 旅行

ラビスタ函館ベイ

2泊目は今年の4月にオープンしたにラビスタ函館ベイ宿泊です。
函館のベイエリアにあって、函館の街と海を見渡せる温泉が最上階にあるホテルです。

本当はツインのお部屋が希望だったのですがダブルとツインでは1人5000円計1万円も差が出るので、ダブルのお部屋を予約しました。
しかしお部屋の平米数までチェックしていなかったので部屋に入って狭さにびっくり。
働いていた頃、出張でシングルのビジネスホテルに泊まってましたが、東京でもここまで狭い部屋はなかったという広さに大人2人です。ベッドはダブルサイズなんですけど。
クローゼットも置けない広さで服は壁のフックにかけるような状態。
ラビスタは高級路線なので、GW期間に素泊まりとはいえ一人11000円で泊まるにはこの狭さになってしまうようです。
不満は狭いということだけであとは素敵なホテルでした。もっとお金を出して広い部屋に泊まればかなり快適に過ごせたはずです。


一番広い空間だった(涙)ベッドの上洗面所はコップにいたるまで全てお洒落
ラビスタ1
ラビスタ2



例えばお風呂へ行くときの館内着と寝着が別々に用意されていたり、お風呂へ行くときに部屋からタオルを持っていくときに使うかわいい籠が用意されていたりと、細かい気遣いがうれしかったです。
         
             

                     ラビスタ3




そして何より満足だったのはお風呂です。
普通はサウナが2種類あったり設備のきれいなお風呂は、泉質が循環ろ過のお湯だったりするところが多いのに、ここは設備も充実していて泉質もとっても良いのです。
茶色の濁ったナトリウム一塩化物強塩泉の源泉掛け流しの浴槽がいくつかあるのがとても気に入りました。温度もゆっくり長湯ができそうなぬる湯です。
露天風呂からの眺めもとてもよく、サウナの窓からも景色がみれます。
それなりに都会の露天風呂なので体に巻く布も用意されています。

朝食は朝市に行こうと思っていたので無しにしましたが、口コミの評判を見てみると朝食バイキングがとても評判が良いようです。

道東ふらふら日記で素敵に紹介されてましたのでご参照を!

テーマ : 北海道旅行
ジャンル : 旅行

松前の桜 & カフェ「櫻の下」 

数年前のGWに松前に行ったときは桜が全く咲いておらず、枝しか見れなかったので今年こそ!とリベンジ。でも今年は桜が早いのでピークは過ぎていました。
染井吉野のトンネルのような通路があるらしいのですがそこはすっかり葉桜。
その代わり遅咲きの八重の桜をたくさん見ることができました。

復元ですが松前城です
                 松前城


遅咲きの御衣黄(ぎょいこう)という花は黄緑色で、開花が進むにつれて花弁の中心に紅色の縦線が現れるという珍しい品種を見るのを楽しみにしていたのですが、やっと発見したところ黄緑色はほとんど消えて白っぽくなっていました。
桜の品種はせいぜい染井吉野と八重咲きの桜があることくらいしか今まで意識していませんでしたが、松前にくるとものすごい種類の桜があることに驚かされます。
そして松前にしかない品種のものもたくさん。
花の色も咲き方もそれぞれで奥深いものでした。
写真を撮るときはこれは「紅時雨」これは「普賢象」と覚えていたつもりが、あとから写真だけ見ても何がなんだかわからなくなってしましました。

松前桜1松前桜2
松前桜3松前桜3
 
  
  


2日違いで松前に行かれたMAYUさんのブログ「北の暮らし~札幌宮の森から~」の記事できれいに紹介されていますのでご参照を。


松前を出てから函館方面へ。

 

 



雑誌やテレビで見ていた茶房「櫻の下」に。
函館の桜ヶ丘通りの普通の民家が立ち並ぶ中にぽつんとあるカフェです。
この通りの桜もピークは過ぎていましたが、なんとか間に合いました。

桜ヶ丘通り
櫻の下 外観


中は普通の民家を改装したおちつく雰囲気でした。靴を脱いであがる畳のお部屋もありました。
座る席によって全く違う雰囲気を感じられそうなカフェです。
注文したのはあんみつとコーヒーのセット800円。
                    櫻の下 あんみつ

プラス100円で抹茶にも変更できます。

茶房櫻の下
函館市乃木町2-20 
0138-55-9595 11:00~17:00(日曜は10:00~16:00)

テーマ : 北海道旅行
ジャンル : 旅行

八雲・小牧荘

今日から2泊3日で道南への温泉&桜鑑賞旅行です。

中山峠が渋滞する前にと8時半に出発。世間では普通の時間でしょうが私たちにとっては早いのです。おかげで(?)渋滞は一箇所のみでGWにしてはスムーズに流れました。

札幌函館間で食事をするお店は昔から長万部の浜ちゃんぽんかハーベスター八雲と決めています。というかそれしか知りません。この2店は観光シーズンはいつもとっても混んでます。
今回はハーベスター八雲にてランチです。
このお店は以前はケンタッキーの実験農場で一般のケンタッキーにはないメニューがあると人気のお店でした。今は経営が変わったそうですが、チキンなどのメニューに加え石釜ピザコーナーも出来、相変わらずすごい行列でした。道路がすいていた分、ここで1時間待ちになりました。
店内の席は満席で外のテラス席にて食事。
以前来たときもそうでしたがカラスが狙っているので、食事中気は抜けません。
天気はいいのですが風が冷たくて早々に引き上げました。
暖かいと海が見えてとっても気持ちの良い場所なだけにちょっと残念。

食後に今日宿泊する八雲の小牧荘に。
町営温泉でとってもリーズナブルな上に、温泉は源泉掛け流しです。
本当は隣接するにおぼこ荘泊まりたかったのですが、既に満室でこちらを紹介されたのです。
ちょっと歩けばおぼこ荘の温泉にも入れるというのでいいかなと。
野趣あふれる露天風呂のそばを川が流れているというロケーション好きなもので、このおぼこ荘の露天風呂がまさにその条件を満たしているのです。
おぼこ荘は日帰り入浴も受け付けているので大にぎわいでした。
日帰入浴の料金は380円で源泉掛け流しで露天風呂あり。私が地元に住んでいたら週一で通いますね。
小牧荘はお風呂は狭いし露天風呂もありませんが、日帰り入浴を受けていないので、おぼこ荘と同じ泉質でゆったりできます。
誰もいなかったのでこんな写真も撮れました。
  
女風呂内風呂男風呂内風呂(窓が2面あります)
小牧荘1
女風呂洗い場
小牧荘3
小牧荘2
 

そんなにあたたまった感じはしないのに後から体がぽかぽかします。

夕食はこちら。おぼこ荘よりも宿泊料が安かったので料理を1000円アップにしてもらったら蟹がついてきました。
決して豪華なお食事ではありませんが、お味はよかったです。

     小牧荘 夕食




テーマ : 北海道旅行
ジャンル : 旅行

おばんざいカフェ 桜香

おばんざいカフェ桜香に行って来ました。
今月から2ヶ月間、私の天然石ビーズのアクセサリーの委託販売をしていただくことになりまして、その搬入です。

中国茶のメニューが充実していて、体にやさしそうなランチメニューもあるお店です。テーブル席の他に窓に面したカウンター席もあるので、一人で行ってもお友達と行ってもくつろげるお店です。

広いスペースを貸していただけるので100個程のアクセサリーを搬入して来ました。

お店のギャラリーコーナーです。かわいいプリザーブドフラワーのアレンジなどもおいてありました。私は向かって右側の棚4段をお借りしました。
桜香 5

 

私のコーナーです。

桜香 4

 

 



 今回搬入した新作ネックレス

桜香 2

 
桜香 3


                  桜香 1

春らしい珊瑚とインカローズのリングです。他にターコイズなどの色違いも揃っています。


おばんざいカフェ桜香

札幌市中央区南27条西13丁目1-22  tel (011)511-0500
(北海道循環器病院南隣)  お店の裏に無料駐車場10台分有

営業時間  10:00~20:30
       (日祝 11:00~)(月~土 ランチ11:30~14:00)

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

sidetitleプロフィールsidetitle

KAO

Author:KAO
天然石とビーズのアクセサリー作り、ガーデニング、食べ歩きが趣味。
アクセサリーのHPはこちらです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleぐるめ探検隊sidetitle
ランキングに参加しています
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
北海道の旅行情報
北海道の旅行情報
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。