スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいブログもはじめました

ここのところ新しいブログにかかりっきりでありました。

ずっと懸案事項であった「ビーズ関係のブログは別に立ち上げる」にやっと重い腰をあげて取り掛かったわけです。

使い慣れたFC2のブログをもう一つ作るには別のメルアドを取得しなくてはならないので、それはそれで面倒かと、思い切って新しくExiteでブログを作ってみました。
プロバイダーごとに違うんだなと新しい発見がいろいろです。

新しいブログはこちらです↓

couleur*ビーズジュエリー

仕事関係で公式に使っているHPをほとんど更新していないにもかかわらず、先日の展示会で大量に名刺を配ってしまったのでなんとかしなくてはということがきっかけとなりました。

最初はショッピングカートがメインで作ったHPでしたが、残念ながらネットでアクセサリーを購入するお客さんは極めて稀な上にこの激戦ですので、全然更新しなくなっていました。
最近ぱらぱらとキットだけは売れてはいたのですが、大半の方は作風を見るのみに閲覧しているという状況でして、作風だけなら私が一番億劫であった細かいサイズ表示も不要なわけで、ブログで作品をアップしていくほうが良いかということに思い至ったわけです。

自宅教室の生徒さんを募集するのに少しでも自分のHPが目に触れる機会が増えればということでこちらのブログは元々はじめたわけですが、自宅教室はやめてしまい、今の講習はカルチャースクールで宣伝してくださるので、そういう目的は失ってしまいました。
というか元々あまり意味はなかったようだったのですけどね。

でもこちらはこちらでリピートして見にきてくださる方はいるようですので続けてみます。

元々こちらのブログもさぼり気味なのにどうなるのかという気もしますが頑張ります・・・多分
スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

ひな祭りとちょっとお知らせ

今日はひな祭り。
多分あんまり自分には関係ないような気がしますが、イベント好きなので何かしなくてはということで、今日の夕食はちらし寿司を作ります。

半月ほど前から家に飾っていたお雛さん。
数年前にビーズ刺繍を習っていた時に製作したものです。
手のひらサイズの小さなお人形ですがとても時間がかかりました。

110303-1.jpg

昨日嬉しい電話がかかってきまして、大丸札幌店でのアクセサリーの出展が決まりました。
週替わりで道内のクラフト作家の作品を展示販売するコーナー「暮らしの彩り」のスペースです。
5月11日から1週間になります。
また近くなったらご報告いたします。

混んでいると聞いていたので、話が来るとしても来年かなと思っていたら、すぐに連絡がきたのでびっくりしました。

来月には、南郷通にあるBloomというお店で約10日間の委託販売のイベントに参加することも決まっていまして、かなり真剣に製作活動に専念しないといけない状態になってきました。

昨夜はデザインが頭の中をめぐってなかなか眠れず、朝は珍しく早朝から目を覚ますという緊張状態。

今年は個展は休んで、お教室の準備や新しい技の習得に専念しようと思っていたのですが。
追い込まれないと本領を発揮できないタイプなのでのんびりする暇を作らない方がいいのかもしれません。

お友達とのランチもしばらく自粛になりそうです。
そして製作のブログとカフェやお店のブログは分ける頃かなとも。
考えることが色々あります。



テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

オートクチュールフルール体験

常連のビーズショップAimにて、オートクチュールフルールの体験講習があったので参加してきました。
オートクチュールフルールとはざっくりいうと、造花を解体して自分好みのアクセサリーなどに生まれ変わらせるというようなものです。
習い事としてはお花系のジャンルになるのでしょうが、ビーズアクセサリーの作品に取り入れられる要素があるのではと、以前から興味がありました。

今回は体験ということで材料費のみで講習が受けられました。
講師は恵庭のフルール・ド・アウィーネを主催されている田中利香先生。

作ったコサージュはこちら

110126-001.jpg



素敵なコサージュなのですがあの華やかさに負けてしまってどうにもこうにも私には似合わず。
今回は体験することに意義があったのでそれは良いのですが。
大きいので少し小さく作りたいという私達の我儘なお願いにも快く応じていただいて良い先生でした。
先生はとてもお似合いだったし、他に受講されていた方も違和感なくお似合いの方がいらしたので、やはりコサージュも洋服やネックレス同様、人を選ぶということもわかりました。


私はタンスの肥やしになっていた夏のカゴバッグにつけることにしました。

110126-002.jpg



忘れないうちに自分の糧にして作品づくりに励もうと思います。






テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

カルトナージュ教室

cholonのイベントで札幌在住のテキスタイルデザイナー岡理恵子さんの作品展がありまして、それにあわせたワークショップに参加してきました。
点と線模様製作所の「北の模様帖2010 autumn/winter」というイベントで、いつもお世話になっているビーズショップエイムの店長のみちよさんが講師で、点と線模製作所の生地を使ってのカルトナージュでオルゴール型ボックスを教えてくれるというものです。
私は手工芸には片っ端から興味があり色々やってみたいのですが、すっかり本業で時間に追われ、なかなか他の事に手を出す余裕がないという毎日。
(毎日7時間寝ようとするのが悪いのでしょうけどね)
ここのところ本業の方では色々行き詰るところもあり、気分転換に気軽に楽しめるだけの一日教室に思い切って参加してみました。
普段は店頭では手に入らないというこちらのファブリックを使えるということも魅力のひとつです。

カルトナージュは自分の展示会で使うアクセサリースタンドを数年前にみちよさんに習い大量に作ったことがありますが、それは作品を目立たせるため地味な無地の生地を使ったもの。
今回は何も考えず生地選びからただ楽しむだけ。
すっごく気分転換になりました。

岡理恵子さんのファブリックはとっても奥が深く、同じ生地を選んだ方でもどの部分の模様を出すかでまるで雰囲気が変わるのが面白かったです。
またデザインをしたご本人である岡さんがどの部分の模様を使うかを作者目線でアドバイスしてくれて、滅多に出来ない貴重な体験となりました。

午前中のレッスン参加は6名。
最後にみなさんの作品を並べて記念撮影です。
カルトナージュ


カルトナージュ



ファブリックのみの販売もしていたので、何か作ろうと別の柄の生地も購入してきましたが、早くやらないとお蔵入りしてしまいそう。
時間のやりくりをがんばらなくては。

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

ビーズ刺繍のバッグ

2年ほど前からビーズ刺繍を習っています。
私と同じようにビーズアクセサリーは独学でビーズ刺繍は習っているという方のHPを見かけてから、札幌で教えているところを探していたのです。
そんな時にたまたまいつもビーズを買いにいくお店で萬谷啓子先生の作品展をやっていて、是非ともこの先生に習いたいと、即効でそのお店で行われる単発のレッスンに参加したのがきっかけです。
その先生に継続して習うにはNHK文化教室の新札幌校まで行かなくてはならず、ちょっと遠いのですけど月に2回のことだし通うことにしました。

そのお教室ではビーズ刺繍はお教室で習って、バッグなどの仕立ては自宅でやってくることになっています。
他の生徒さんは洋裁は普通にできる方たちばかりで、10年以上もミシンを封印していたという人は私くらいで、バッグの形もアレンジも出来ず悩んでいたのです。
そしてたまたま↓の本をみかけて今回その型紙を利用してバッグを作ってみました。

かわいくてちゃんと作れるBagの本 かわいくてちゃんと作れるBagの本
雄鷄社 (2005/10)
雄鷄社
この商品の詳細を見る





この本の13pのバッグの型紙をちょっとだけ変えて作ってみました。

ビーズ刺繍のバッグ1

刺繍はこんな感じです。画像をクリックすると大きくなります。
蝶の刺繍アップ


肩からかけて使えるし、夏らしいし、お気に入りです。

テーマ : ソーイング
ジャンル : 趣味・実用

sidetitleプロフィールsidetitle

KAO

Author:KAO
天然石とビーズのアクセサリー作り、ガーデニング、食べ歩きが趣味。
アクセサリーのHPはこちらです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleぐるめ探検隊sidetitle
ランキングに参加しています
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
北海道の旅行情報
北海道の旅行情報
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。