スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIen リアン 再び

消失したと思っていた一眼レフ持参で挑んだ2度目のLienの画像ですが、意外なファイルに入ってました。
いまだ使い方がよくわからない一眼レフを充電するたびに日時設定が消えてしまい、毎回設定するのが面倒になってきて放っておいたせいで時系列がばらばらになり、おかしなところに格納されるということが判明しました。
前のがっさいカメラでも充電するたびに日時設定が消えることはなかったのできっとやりようがあるのでしょうが、そのうち調べよう(と、思っていることだらけです)

こちらが前菜の牛肉のパテ。


130211-1.jpg


スープ。
前回同様ゴルゴンゾーラが沈んでます。
初めての試みにお友達2人も感動してました。

130211-2.jpg

前回写真を撮り忘れたバルサミコ入りのオリーブオイルとパン。

130211-3.jpg


メイン3種類
コースはこの中の1品ですが、お友達の分も撮らせてもらいました。

私が選んだ鱈。
前菜がお肉でちょっと重めだったのでバランス的にはちょうど良い量でした。
ソースの味が絶妙。

130211-4.jpg

中札内鶏の赤ワイン煮。
これはすごいボリュームで3人の中で一番大食いの私が少しお手伝いさせていただきました。
変に甘くなくて美味しかったです。

130211-5.jpg

豚バラ肉の・・・せっかく取ったメモを画像をなくしたと思ったときに処分したもので。

130211-6.jpg

デザートは2種類から。
タルトタタン・・・だったかなぁ。

130211-7.jpg

私が2週間前に行ったばかりなのに、とお友達は気遣ってくれましたが、前菜もメインもデザートも選択肢があるのでたとえメニューが変わってなくても大丈夫と言っていたら、内容が変わっていたので、全く問題なし。

ここは何度通っても飽きないかも。


スポンサーサイト

テーマ : フレンチ
ジャンル : グルメ

ラ・トルテュ

今更ですが4月にOL時代の仲間4人でラ・トルテュにランチに行ったときの記事です。

何かの話からたまの贅沢ランチにとこのお店に予約をいれておいたその前日に、北海道ミシュランが出てこのお店に星が1つついたことを新聞で知り、偶然にもとってもタイムリーなタイミングで行くこととなりました。

このお店の場所は今から10年以上前に違うお店が入っていたときによく来たことのあるところでした。
一緒に来ていた先輩となつかしいね~と話しながらの集合。

お店にはミシュラン掲載おめでとうのお花が届いていました。

3000円のコースを注文です。
私は不覚にも車で行ったので水で我慢。
他の3人はせっかくだからとワインも飲んじゃってました
公共交通機関で行けばよかった・・・。
主婦のランチとしてはかなりの贅沢かと思いますが、こういう時の私たちの言い訳は「夜飲みにでるよりずっと安いもんね~」


あまりに時間が経ってしまい、メニューの説明ができないのでほとんど画像だけ。


前菜4人分
120820-2.jpg

120820-3.jpg

120820-4.jpg

鴨肉
120820-6.jpg

120820-7.jpg
120820-8.jpg

お茶菓子4人分

120820-9.jpg

お店の人の話によるとミシュランで偵察に来たのはたぶんあの時という心当たりはあるそうです。
それらしい人がどういう行動をとるかを教えてくれたので、今度やってみようかなんて話していたら、東京でミシュランが出たときには本当にミシュランごっこが流行ったとのこと。


普段の自分ひとりのお昼とは打って変わって優雅なランチでした。
今回の教訓は「贅沢ランチに行く際には車はおいていくこと」です。


LA TORTUE

札幌市中央区大通西16丁目2-4メゾンエクレ―レ2F

011-598-7280 定休日:月曜





テーマ : フレンチ
ジャンル : グルメ

フレンチレストラン バンケット

仙台から学生時代からの友人が遊びに来たので円山近くのバンケットにてお食事。

お隣の円山インディゴ内のカフェで待ち合わせ。
震災の影響で2年ぶりの再会にもかかわらず、ブランクを感じることなくしゃべりまくりです。

翌日からの温泉でこれでもかと食べる予定だったので量が控えめのAコースで。
若いころと違ってフルコースよりも肉か魚どちらかのほうがむしろありがたくなってきました。

前菜 

120706-1.jpg

魚料理のそい

120706-2.jpg


デザートのパフェの後のお茶菓子

120706-3.jpg

ランチで来たときも美味しかったし、周囲の評判も良いし、と思って友人におすすめしたのですけれど、やっぱり今回もどれもはずすことなく、繊細なお味でした。



フレンチレストラン バンケット

札幌市中央区南4条西18丁目2-23 ピュアコート円山1F

テーマ : フレンチ
ジャンル : グルメ

SIO

円山裏参道のSIOにて友人とランチしてきました。
少し前のことなので記憶が薄れかけていますが、完全に忘れる前に慌ててアップしています。

土日のみカフェタイムのみ、お店の名前がかわってNOSの時には以前行ったことがありますが、好きなケーキを選んで注文という形式ではなく、おまかせでコース仕立てで出てくるというお店でした。
この時は仕事の打ち合わせとして人と会ったときで、写真を撮れる状況ではなかったので、今回はばしばし撮ってきました。

ランチは2000円(税抜)でプラス1000円でお肉かお魚がつきます。
通常のコースだけでおなかいっぱいになりそうだったのでそのままで。


最初のスナック類。
塩味のケーキやポップコーンなど。
これを運んでいただいたときに私たちがあまりにおしゃべりに夢中でスタッフの方が遠慮して、料理の説明をしないで戻られたため、「美味しいけどこれ何?」状態になり、反省し、次からはきちんとお話を聞く間をもつことにしました。

120409-1.jpg

たしかオレンジと人参のスープだったかと思います。

120409-2.jpg

焼きたて自家製パンのサンドイッチ。
遠目にみたら海苔巻かと思いました。
予約をいれておいたので、来店時間に合わせて焼き上げたというパンでつくっていただいたサンドイッチです。

120409-3.jpg

包みをとると見慣れたこの形。

120409-4.jpg

オーブン焼きサラダ。
どれもおいしかった中で一番のヒットはこれでした。
野菜の味が凝縮されて本当に美味しかったです。

120409-5.jpg

炭火で焼き上げた素材とベーシックなパスタ

120409-6.jpg

デザート

120409-7.jpg

これにオリジナルブレンドのハーブティーがつきます。
ハーブティーは購入もでき美味しかったのでお買い上げしました。


このランチの2日後の夜に再び主人とディナーを食べに行くこととなりまして、その時は行ったばかりだから写真は撮らなかったことが悔やまれます。
塩にとてもこだわっていて、だから店名なんだと改めて感心。
初めてのあまり流通していないような食感の塩ですとか、不純物のない塩ですとか、いろいろ選べて炭火焼のこれまたこだわりの臭みの全くないお肉につけていただいたのがとても印象的でした。

いつも混んでいるので、昼も夜も早めの予約が必須です。


SIO

札幌市中央区南2条西23丁目1-1  011-676-9220

テーマ : ランチ
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

KAO

Author:KAO
天然石とビーズのアクセサリー作り、ガーデニング、食べ歩きが趣味。
アクセサリーのHPはこちらです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleぐるめ探検隊sidetitle
ランキングに参加しています
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
北海道の旅行情報
北海道の旅行情報
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。