スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PLATIVO

北海道の短い夏を楽しもうと週末はせっせと出かけています。
本日ははるばるニセコまでランチに行って温泉に入って帰ってきました。
ニセコの温泉は泉質がよくて、ほとんどの施設が源泉かけ流しでお気に入りです。

本日のランチは今年4月に東山地区の高橋牧場のプロデュースするニセコミルク工房内にオープンしたPLATIVO(プラティーヴォ)です。

1108027-008.jpg


メイン料理として、肉料理、魚料理、パスタなどの4品の中から1品選び、その他にニセコの新鮮野菜のビュッフェ料理や、ミルク工房でも売られているカステラなどのスイーツや、買えば結構なお値段のする「のむヨーグルト」が1500円で食べ放題、しかも大好きな羊蹄山がどの席に座っても見えるように設計されているという、すごいレストランなのです。

12時10分頃到着すると、入り口付近にはすごい人。

1108027-001.jpg


名前を書いて1時間待ってやっと入れました。
ミルク工房内は数年前に来たときよりもお店が増えていて、野菜の直売所なども出来ており、雑貨を見たり羊蹄山の写真を撮ったりしているうちにあっという間に1時間は過ぎました。

まだフレッシュミルクのロールケーキがこんなに流行るということを知らなかった数年前、初めて食べたのがここのロールケーキで、さすが牧場のそばで作る生クリームは違う!と感激したものです。

1108027-002.jpg

やはり札幌からのお客さんが多いのでしょう。
待っている間に私もリピーターの長沼のクレスの話をしている人がちらほら。
システムも料金も一緒なので引き合いに出してくなるのよくわかります。

席からは羊蹄山がばっちり。
天気に恵まれてよかったです。

1108027-004.jpg

喉が渇いていたのでまず最初にお得感ただよう「のむヨーグルト」を一気飲み。
しかしこれはおなかがふくれて後からあまり食べれなくなることが判明したので、食事中か食後が良いようです(笑)

1108027-003.jpg


野菜の味を活かしたお料理はどれも美味しいです。

1108027-005.jpg

メインは

鯛とトマトのサラダ
1108027-006.jpg

トマトのパスタ

1108027-007.jpg

他2品から選びます。

鯛とトマトのサラダにピンク色の飾りが見えるかと思いますが、これは紫大根です。

待っている間に産直で紫の大根を買った際にお店の人に調理法を聞いてみると、「酢につけるとピンクに変色してとても綺麗なので是非」と説明されていたので、すぐわかりました。

札幌からは少々遠いですが、良いお店でした。



PLATIVO

ニセコ町曽我888-1  0136-55-8852 11:00~16:00 木休







スポンサーサイト

テーマ : 今日のランチ!
ジャンル : グルメ

くるるの杜

8月号のポロコは「オトナ女子のグルメドライブ」がテーマ。
すぐに食いついてご購入です。

その中で紹介されていて、以前お友達ブログでもチェックしていた北広島のくるるの杜の農村レストランにてランチです。


せっかく北広島まで行くついでに同じくポロコに紹介されていた雑貨屋かくれ家に立ち寄り、アンティーク風なお皿を2枚購入しました。
住宅地の中にあるかと思いきや、住宅地を越えた奥にある自然に囲まれた一軒屋で途中不安になりながらたどり着きましたが可愛いお店で行った甲斐がありましたよ。



くるるの杜はレストランや産直風のスーパーや農業体験施設などがある農業テーマパークのようなところです。

110730-2.jpg



レストランに着いたのは正午頃で待ち時間1時間15分とのこと。

あきらめて引き返す人も多い中、敷地内見学でもして時間をつぶして待つことに決定。



足湯があったのでタオルハンカチしかなかったけれど暇つぶしにつかってみたり。

110730-1.jpg

そこから坂を下りていってぐるっと広大な敷地を散策したり。
子供の遊べる浅い水溜りもありました。

大人には足湯もあることだし、ここに来るにはタオル持参が良いかと。

110730-3.jpg

花も沢山さいているので写真を撮って
110730-4.jpg

野菜などの買い物をしようかとカゴを持ったところで携帯に席があいたとの連絡が。
結局待ち時間は40分。

ビュッフェは1500円で野菜を沢山使ったメニューが多く、体に良さそうなものばかり。

食べ放題だというのに例えばアイスクリームは千歳の有名なアイスのお店の花茶のものであったり、りんごジュースは余市の結構良いお値段のする「りんごのほっぺ」が無造作においてあったりと、こだわりの感じられる品揃えでした。


木の器がかわいいです。

110730-5.jpg

この後品質の良さと値段に感激しながら、大量に野菜を買い込んでから帰りました。
普通のスーパーのようにレジ袋は3円かかるのでエコバッグも持参した方がよいです。

テーマ : お店紹介
ジャンル : グルメ

メルキュールホテル札幌内 「レストランボルドー」 

毎日雪ばかり降るので冬は出不精モードです。
久々に元会社の先輩と映画とランチに出かけてきました。

映画は私が見たくて誘ったものなのに退屈な場面で眠気が来て、そのまま不覚にも寝てしまい、結局最初と最後しか見てません。でもなんとなく話はわかるという。
きちんと起きてみていた先輩の話によればやはり今ひとつだったらしいです。

そしてランチは映画館近くのメルキュールホテル札幌のランチビュッフェへ。
アオキボールの跡地に建てられたホテルで、今日初めて行きました。

12時前に着いたので最初は空いてましたけど、後から席が埋まってきました。
空いている間にとった写真がこちら。
赤を基調とした店内で窓が大きいので明るくていい感じです。

メルキュール3

一品だけ月替わりのメインディッシュを選びます。
お肉料理やパスタなどどれも惹かれましたが、珍しさからチーズフォンデュを選びました。
メルキュール2

お酒のおつまみになるような、ブルーチーズ、カマンベール、パテ、オリーブ、生ハムなどが豊富にあり、昼だけに飲むつもりじゃなかった人も思わずワインを注文したくなりそう。
美味しいパンも数種類から選べて、お料理も手の込んだものがたくさん並んでました。

最後にデザート。

メルキュール1

片っ端から何も考えずにお皿に乗せたせいで美味しそうに見えないかもしれませんけど、
左上から反時計周りにチーズ4種とガーリックトースト、カラメルソースのかかった焼きプディング、マンゴー、キャラメルムース、果物のタルト、ガトーショコラ等。

お皿に乗っていないのがプリンとパンナコッタ。

どれも甘すぎなくて繊細なお味です。ビュッフェのケーキは手抜きを感じるものもありますけどここのは大丈夫。

これを平らげた後に引き続き席でおしゃべりしていると、ラストオーダーの2時ごろに並んでいるものとは違うデザートメニューを持って注文を取りにきてくれました。
もう限界までお腹いっぱいだったので、なんとか入りそうなマンゴーシャーベットを注文しました。
水っぽくなくてマンゴーの濃厚な味がしました。

先輩とここのお店はすごいお気に入り。
1980円とちょっと高いですけど、共通のお友達を誘ってまた来ることに勝手に2人で決めました。



テーマ : お店紹介
ジャンル : グルメ

ゆにガーデン内 レストラン「チャイブ」

札幌から車で1時間程の由仁町にあるゆにガーデンに行ってきました。
植物が好きな母を一度連れて行きたいなと思いながら、いつでも行けるかと何年も経過していました。
私の車が5月末で車検を迎えまして、主人の次の車の納車が9月か10月になるということでそれまで主人のお古待ちの為、私はしばらく平日車無し生活になります。
(私のお友達の皆さん、しばらく車で遊びに行けなくなりますのでご了承を)

ということで5月中になんとか実行しようと母を誘って出かけてきました。

ゆにランチ1


思った通り、北海道の5月末はまだ花の見頃には早かったです。
早春のチューリップなどの花は終わり、係りの人が言うには一番花のない時季なのだそう。
今時季ならではのちょっと珍しくて綺麗だった花がこちらのクラブアップル。

ゆにランチ3

右手前にあるピンクの木がクラブアップル。姫りんごの一種だそうです。

ゆにランチ2


こちらのゆにガーデンは定価で大人の入園料が600円です。
2階のレストラン「チャイブ」でのクロッカスランチバイキング1500円は入園料込みの価格。
ということは900円でランチが食べられるということでこのセットで入園しました。

ランチバイキング1500円といえばつい先日行った長沼のクレスと同じ料金。
しかもゆにガーデンが見られるということですっごいお得かなと思ったのですが、
でもやはりレストランをメインでやっているお店とお庭をメインでやっている施設にあるレストランを比べるわけですので、お料理だけみるとクレスの勝ちです。
決して美味しくないわけではなく、クレスを比べるのがいけないだけのことで、ゆにガーデンの入園料込みと思えば内容は良いと思います。


少ないですがお料理写真です。
フォカッチャよりもクロワッサンが美味しかったです。
スープカレーは今まで食べたビュッフェのスープカレーの中ではなかなかのものでした。

ゆにランチ4

コーヒーの他にも数種類のハーブティーもありました。
ゆにランチ5

広い庭を眺めながらのランチは気持ちの良いものでした。









テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

リストランテクレス長沼

必ず年に一度は行く長沼のリストランテクレスに女子同士で行きたい!という念願かなって、元会社の先輩と共に行ってきました。
今年から座席数が増えて待ち時間が減ったということで安心してゆっくり出発し、12時頃お店に到着。ほとんど満席でしたが待つことなく座れました。これが昨年までならこの時間につけば平日でも1時間待ちは覚悟という状況だったので助かりました。

昨年の記事はこちら

昨年あった私のお気に入りのピザがメインのメニューから消えていました。
今回はしいたけのパスタをセレクト。

2009クレス2




代わりに去年まで見なかったものがビュッフェコーナーに出現。
小さな鉢に入った食べ物はなんだろうと思ったらパンでした。
その横にあるのが濃厚なトマトジュース。
第一回目に取ってみたのがこちらの内容です。

2009クレス1

パスタと一皿目でおなかいっぱいになっている細身の先輩に待っていただき、「私にかまわず食べて」というお言葉に甘えて取りに行った第二回目のお皿がこちら。

2009クレス3

普段ならもう一回くらい取りに行っているところですが、話に夢中になっているうちにおなかはふくらみデザートへ。
よく見ると盛り方が汚くてすみません。
左上の白いのがブランマンジェ。右上がシフォンケーキ。
真ん中にあるのがチョコレートケーキ。
手前左がパンナコッタで手前右が小さなロールケーキです。

2009クレス4

この後このデザートを再びお代わりしてコーヒーやハーブティーを何度もお代わりしながらしゃべり続け居座ること約3時間。これが主人となら出来ないので是非とも女友達ときたかった理由。これで1500円なら完全にモトは取れました。

このお店を知らない人にはなんでランチでわざわざ札幌から1時間もかけて長沼?と言われるのですが、先輩もこのお店を気にいった様子。今度はお母さんを連れてくると張り切っていました。






テーマ : 北海道のグルメ
ジャンル : グルメ

sidetitleプロフィールsidetitle

KAO

Author:KAO
天然石とビーズのアクセサリー作り、ガーデニング、食べ歩きが趣味。
アクセサリーのHPはこちらです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleぐるめ探検隊sidetitle
ランキングに参加しています
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
北海道の旅行情報
北海道の旅行情報
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。