スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

毎年恒例の手作りお節画像です。
今年は昆布巻など少し実家母の手作り分も分けてもらいました。
そしてずっと重箱を買うかどうか悩んでまだ購入していないのですが、使い捨てのお店の重箱があったのでちょうどいいから詰めてみました。
重箱に上手に詰めるのも難しいものですね。

130101-1.jpg

今年のお正月のお花です。
今年こそお花屋さんでお洒落なアレンジでも、と思いつつ結局年末の買い出しの時に一緒にスーパーに入っているお花屋さんで済ませてしまいました。

130101-2.jpg

それでは今年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

エグ・ヴィヴ

ついに小樽の忍路の有名パン屋さんエグ・ヴィヴに行ってきました。

数か月前によく調べずに近くまで行ったついでにふらっとよってみたことがありましたが、その日は日曜で定休日。

その後ブログなどで調べてみて、クロワッサンは予約しないと買えない、予約しておいたものの会計まで30分は結局待った、などの驚きの情報を入手。
そこまでしても、あんな遠隔地まで皆が買いにいくパンとは一体どんなにすごいものかと興味津々。
にもかかわらず今回も計画性なく買えなきゃいいかくらいの気持ちで2時ごろに予約なしで行ってみました。

9月にもかかわらず30度のこの日、海も夏の海のように見えます。


この景色は2つともエグ・ヴィヴの敷地から海を見たもの。
こんな見晴しの良いところにあります。

120915-8.jpg

120915-1.jpg

木が繁ってうっそうとしていますが、この奥に見える一見普通の民家が店舗です。

120915-2.jpg

120915-3.jpg


ついてみると噂に聞いていた行列もなく、完売でもなく、閉店1時間前という時間帯が良かったのか何なのかわかりませんが、ゆっくりとお買いものすることができました。
予約していなかったクロワッサンも買えました。

こちらがお買い上げのパン全て。
お値段は決してお安くはありません。
これすべてで3180円でした。

120914-8.jpg

ただし、食べてみるとずっしりと重いし、良い材料を使っているのがわかります。
以前に少しパン作りを習っていたときに、パンに入れるフルーツやナッツ類、安いものを使うと薬くさい味やにおいがするということを学び、ここにこだわるとすごい材料費になるということを知っていたので、良い材料をあれだけ惜しみなくいれるとこのくらいのお値段になるのかなぁという気はしました。

大人向けの味なのでワインのすすむこと。
朝食に食べるより夜のつまみにしたいと個人的には思いました。
そういう私はそんなにお酒飲まないのですけれど。

車がないとまず行けないすごいところにありますが、話のタネに是非一度!

テーマ : パン
ジャンル : グルメ

ブーランジェリー JIN

真狩村にあるブーランジェリーJINに行ってきました。


このパン屋さんの存在を知ったのは、小樽の忍路にある有名店エグヴィヴを調べていたら、このお店と比較して記事を書いている方のブログをみつけたから。

エグヴィヴもあの立地でこれほどまでの有名店になる秘訣を是非教えてもらいたいようなすごいところにありますが、JINも周囲には農家しかない、真狩近辺をうろついていても今まで通ったことのなかった道沿いにありました。

120813-11.jpg

120813-12.jpg

店内は撮影NGなので、外観とお買い上げのパンのみで。

120813-13.jpg

みんな美味しかったですけど、ハード系のパンが特におすすめでしょうか。

左奥の袋に入ったパンは名前は忘れましたが、フランスパン風とのこと。
フランスパン特有のもちもち感がしっかり感じられて、自宅にあったイタリアのクリームチーズをつけて食べたら相性ばっちりでした。


またこのパンを買うためだけに中山峠越えしたくなりました。


ブーランジェリーJIN

虻田郡真狩村桜川45-8  0136-45-2773
 
火・水休み  売り切れ次第閉店



テーマ : パン
ジャンル : グルメ

2012年お年始

年末年始は相変わらず掃除と料理などでばったばたで、「おめでとうございます」なんて言ったら「一体何が?」と聞かれそうな今頃記事をアップしています。

30日にスキーの帰り道に長靴とスキーウエアのまま食材の買い出しをし、その午後からと大晦日の夕方までは休む間もなく家のことに取り組みました。

お節作りに忙しく大晦日の夜のお料理を作るのが大変なのでお店のイタリアンお節を予約しました。
北海道では年取りという行事で大晦日の夜にお節を食べるそうなのですが、私は京都生まれの父にあわせた母が子供の頃から年取りをいうことをせずに元旦からお節を食べるという、道産子のくせに本州式に育ってきているので、大晦日の夜にお正月用のお節を食べるということに違和感を感じてしまいます。

しかし北海道では大晦日に食べるためにお店でも31日に引き取ってその日のうちに食べてくださいというお節が多いようなのですね。
なのでそこだけ利用させていただきました。

こちらが近所のお店で予約していたイタリアンお節です。

120101-1.jpg

左側のお重には
イカのチーズリゾット詰め・イタリア産生ハム サラミ・ジャガイモのニョッキ・世界のチーズ

右側のお重には
道産豚の自家製スモークハム・鶏のバルサミコマヨネーズ和え・砂肝のイタリアン煮込み・ぶりのロースト タブナードのせ・つぶのやわらか煮 ジュレソースかけ
蛸のマリネグリーンソース・穴子のエスカベージュ・帆立のスモークサラダ・パプリカのふわふわムース

これだけ入って6500円ならお得ですし、自分ではなかなか作れないものばかり。
また今年の年末もお願いするかも。
忙しい時に取りに行くのも大変なので近所というのは助かります。


そして年明けて毎年かわり映えなしない私の手作りお節料理。
1年で一番豪華な朝食です。

120101-2.jpg

今年のお花はこちら。
スーパーのお花屋さんそのままのセットですが、デンファレーが入っていることで華やかで気に入りました。

120101-3.jpg

それでは今頃ではありますが、皆様今年もよろしくお願いいたします。


テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

大変なことになりました

地震の映像を見ていると胸が苦しくなります。
何も出来ませんが、この先一人でも多くの方が助かることを祈るばかりです。

私は大事な友達が仙台にいて、しばらく気が気ではなかったですが、発生の翌日になって地震直後に送ってくれた無事を知らせるメールが届き安心しました。

私のところにも節電を呼びかけるチェーンメールが昨日届きました。
テレビでも節電を呼びかけていたので既に実施していましたし、出所のはっきりしないメールを転送することに抵抗を感じ、私はそのままにしておきました。

その時点では他の電力会社から送れる電力に限界があること、北海道での余剰電力について詳しく知らなかったのですが、今朝の北海道新聞の朝刊を読んで、「電力会社の人から頼まれたメールです」というのがやはりおかしいことを確信しました。
そして先ほどネットで調べたところ、日本中に出回っていることを知りました。

内容は善意の内容ですし、節電は間違った行為ではないのですけど、何か不謹慎な気がします。

そしてたまった記事もあるのですが、楽しく外食していたことをここにアップするのが申し訳なく、しばらく外食関係の記事はお休みしようかと思っています。
sidetitleプロフィールsidetitle

KAO

Author:KAO
天然石とビーズのアクセサリー作り、ガーデニング、食べ歩きが趣味。
アクセサリーのHPはこちらです。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleぐるめ探検隊sidetitle
ランキングに参加しています
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
北海道の旅行情報
北海道の旅行情報
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。